ねずみ くん の チョッキ 折り紙。 「ねずみくんのチョッキ」のラストの結末が衝撃!内容のねらいと教育効果を調査!

全ページ読める|ねずみくんのチョッキ|絵本ナビ : なかえ よしを,上野 紀子 みんなの声・通販

ねずみ くん の チョッキ 折り紙

ママとは、ずっと、おともだちでした。 「おかあさんが あんでくれた ぼくの チョッキ。 ぴったり にあうでしょう」と得意げなねずみくん。 ところが、「ちょっときせてよ」とどんどん仲間がやってきて…… 『ねずみくんのチョッキ』が出版されて、今年 2014年 で40年。 刊行当時は、「しゃれているけど、子どもにはむずかしいのでは」という声もありましたが、子どもたちは、広い画面の中で自由に想像をふくらませ、大好きになってくれました。 この一冊からねずみくんは、累計500万部をかぞえる人気シリーズの主人公に。 最初の読者は、大人になってしまったけれど、ねずみくんはやっぱりねずみくんのまま。 小さなからだで、一生懸命がんばるねずみくんに、くすっと笑ったり、共感したり、元気や勇気をもらったり……。 世代をこえて愛される、ずっと かわらないおともだちです。 1975年講談社出版文化賞絵本賞 「よい絵本」選定図書受賞 おかあさんがあんでくれた、かわいいチョッキ。 あらあら、チョッキがどんどんのびて……。

次の

ねずみくんのチョッキ(絵本)の対象年齢とあらすじは?感想も紹介!

ねずみ くん の チョッキ 折り紙

概要 [ ] ねずみくんとその仲間たちとの日常が描かれている物語。 に「ねずみくんのチョッキ」が最初の刊行。 以後シリーズ化されている。 キャラクター [ ] ねずみくん 主人公。 お母さんに編んでもらった 赤いを着ている。 その赤いチョッキはトレードマークでもある。 体は小さいし、怖がり屋で、運動神経もなく力もなく、そのうえ何をしても失敗ばかりだが、優しい性格で友達には人一倍優しく、やるときはきちんとやる一面もある。 ねみちゃんのことが大好きで、ねみちゃんといつも一緒にいて、ねみちゃんと一緒に遊ぶのが好きであり楽しい時である。 ねみちゃん以外の他の仲間たちと一緒に遊ぶのも楽しい時である。 ねみちゃんといつも一緒にいたくて、将来はねみちゃんと同棲し、そして結婚したいことも考えているだとか。 一人称は「ぼく」。 ねみちゃん ねずみくんの大好きな友達であり彼女。 頭につけている赤い水玉模様のがトレードマーク。 ねずみくんと同じく体は小さい。 ねずみくんが好きで、好きな理由はねずみくんが人一倍優しいから。 ねずみくんと一緒にいてねずみくんや他の仲間たちと遊ぶのが楽しい時である。 ねずみくんと一緒に歩くときは必ず手をつなぐ。 普段は優しいが怒る時もある。 料理が得意。 一人称は「わたし」。 ぞうさん くまさん さるさん てながざるさん きりんさん ぶたさん うさぎさん ライオンさん うまさん たぬきさん あひるさん りすさん かばくん カンガルーくん サイくん いぬくん とりさん ペンギンさん ブルくん ねずみくんとねみちゃんの友達。 いじわるねこ いじわるぎつね いつもいたずらばかりしているが、いつも返り討ちに遭ってしまう。 シリーズ一覧 [ ] シリーズ• ねずみくんのチョッキ 1974• りんごがたべたいねずみくん 1975• サーカスへいったねずみくん 1976• そらがとびたいねずみくん 1976• ねずみくんのチョッキ 1976• ねみちゃんとねずみくん 1976• きかんしゃとねずみくん 1977• ねずみくんねずみくん 1978• ねずみくんのたんじょうび 1978• またまた! ねずみくんのチョッキ 1979• コップをわったねずみくん 1980• ねずみくんのひみつ 1981• ぞうさんとねずみくん 1982• ねずみくんとブランコ 1983• とびだせ!ねずみくん 1984• ねずみくんとおんがくかい 1987• ねずみくんのおともだち 1989• ねずみくんのおやくそく 1990• ねずみくんといっしょ 1992• やっぱりねずみくんのチョッキ 1993• とりかえっこ! ねずみくんのチョッキ 1999• ねずみくんとホットケーキ 2000• ねずみくんとゆきだるま 2001• ねずみくんのしりとり 2002• なぞなぞねずみくん 2002• ねずみくんとホットケーキ 2003• ねずみくんのクリスマス 2003• ねずみくんのプレゼント 2004• ねずみくんとおてがみ 2004• ねずみくんとかくれんぼ 2005• ねずみくんとシーソー 2006• ねずみくん おおきくなったらなにになる? 2007• だから! ねずみくんのチョッキ 2008• ねずみくん うみへいく 2009• どうしちゃったの!? ねずみくん 2010• ごちそうだよ! ねずみくん 2011• うそついちゃったねずみくん 2012• あめあめふれふれねずみくん 2013• へんし~んねずみくん 2014• ちっちゃなねずみくん 2015• ねずみくんとおばけ 2016 しかけ絵本• それいけ、ねずみくんのチョッキ 1997• ブルくんとねずみくん 1997• いじわるねことねずみくん 1998 ミニシリーズ 2000• ちいさい、おおきい• だーれだ• ごあいさつ 単行本• ねずみくんのきもち 2007• ねずみくんといっしょ ははは 2009 3D映画 [ ] とびだす絵本3D 監督 たかたまさひろ 出演者 製作会社 2010『とびだす絵本3D』製作委員会 配給 公開 上映時間 30分 製作国 言語 『 とびだす絵本3D』(とびだすえほんすりーでぃー)は、公開のポプラ社絵本のねずみくんシリーズと著作の絵本5編を映画として3Dアニメ化した。 キャッチコピーは「ともだちできたらみんなでぴょ~ん」。 ねずみくんのチョッキ• りんごがたべたいねずみくん• ねずみくん うみへいく まつおかたつひで作絵本• ぴょーん• しりとり スタッフ [ ]• 原作: なかえよしを、上野紀子、• 歌と声 -• 総合監督 - たかたまさひろ• 製作 - 2010『とびだす絵本3D』製作委員会• 映像企画・制作 -• 3D映像企画 -• 協力 - ポプラ社• 配給協力 - メジャー• 配給 - 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

「ねずみくんのチョッキ」のラストの結末が衝撃!内容のねらいと教育効果を調査!

ねずみ くん の チョッキ 折り紙

『ねずみくんのチョッキ』の内容要約 『ねずみくんのチョッキ』の内容を、3つに要約しました。 面白いストーリーですらすらと読めるので、気になったら読むことをおすすめします。 要約1. 動物たちがたくさん チョッキを着ていく動物たちはたくさんいます。 ねずみくんがチョッキを貸したのは、アヒル、サル、アシカ、ライオン、ウマ、ゾウ。 チョッキを着られるの!?と驚いてしまう動物がたくさん。 ユニークな動物たちが登場するので、動物好きな子どもは喜ぶでしょう。 小さいチョッキを着ていく動物たちの姿も見ものです。 要約2. 繰り返しの言葉 「いいチョッキだね、ちょっと着せてよ」や「少しきついが、似合うかな?」と、動物たちが同じ言葉を繰り返していくので読み聞かせがしやすいです。 そのときどきの動物たちの表情にも注目で、読み聞かせをする際には読み方を工夫すると子どもも喜ぶでしょう。 要約3. 最後はハッピーエンド ねずみくんのチョッキは、最後はゾウが着て伸び伸びの状態になってしまいます。 「僕のチョッキが!?」と驚くねずみくん。 しょんぼりと長いチョッキを引きずる姿がかわいそうです。 しかし、かわいそうなまま終わりません。 最後には、ゾウの長い鼻にチョッキを通し、ブランコをして遊ぶねずみくんの姿が! 結果オーライ?な状態ですが、ほっとする結末で安心します。 【ネタバレあり】感想とレビュー 『ねずみくんのチョッキ』を読んだ、ママやパパ目線での感想とレビューを紹介していきます。 読もうか迷っている人は、他の人の感想を聞くと決心できるかもしれません。 この記事の筆者の感想も載せさせていただきますね。 ユーモアあふれる作品 まず、登場するねずみくんが可愛いです。 それから、多くの動物たちが登場しますが、どの動物も愛嬌があります。 小さなチョッキを着ていく動物たちにぜひ注目してください。 いいチョッキだけど…よく着ようと思ったな!とちょっと呆れてしまうのも面白いところです。 ねずみくんと動物とチョッキしか登場しない、シンプルなイラストがまたユニークさを増長させているでしょう。 長年愛される人気絵本だけあり、何度読んでも面白い作品です。 子どもが何度も持ってくる 私が小さい頃からの名作なので、自分の子どもにも読んであげたいと思い購入しました。 いまでは、何度も「読んで」と言って持ってくるほど。 シンプルなストーリーも読みやすく、ページをめくるごとに子どもがすごく反応し、買って良かったと心から思います。 声がかれるまで読まされました。 でも、それだけ気に入ってくれたのなら良かったです。 誰にでも愛される絵本だと思うので、友達へのプレゼントにもおすすめします。 小さい子どもがいる人へのプレゼントなら、すごく喜ばれるかもしれません。 ねずみくんが気の毒だけどハッピーエンド お母さんに編んでもらったチョッキが伸びてしまい、ねずみくんがかわいそうだと思いました。 でも、それで終わらないで、チョッキを貸してくれたねずみくんにお礼?としてチョッキのブランコでねずみくんを楽しませてあげたゾウに、救われます。 バッドエンドで終わらないのがいいですね。 悪いことばかりじゃなくいいこともあるのだと、希望をユーモアあふれるストーリーで描いているのがいいと思います。 チョッキを通して、動物たちとの交流、そして思いやりを教えてくれる絵本ではないでしょうか。 『ねずみくんのチョッキ』は、こんな方におすすめ! 有名な人気絵本である『ねずみくんのチョッキ』は、誰にでもおすすめできるユニークな作品です。 ストーリーの面白さ、表情豊かな動物たち、ねずみくんの落ち込み具合からブランコで楽しく遊ぶ様子まで、すべてが愛される絵本といえるでしょう。 ただ面白さを伝えてくれるだけでなく、思いやりや前向きな心も学ぶことができるので、小さい子どもはもちろん、大人にだって「ふふっ」と笑いを生み出してくれます。 『ねずみくんのチョッキ』は、『ねずみくんシリーズ』として他にも何冊か絵本があります。 この絵本を読んで気に入ったら、他の絵本も読んでみるといいかもしれませんね。 ユニークなねずみくんと、楽しい時間を過ごしてください。

次の