ヒルドイドクリーム 化粧水 順番。 【薬剤師が解説】薬局で買えるヒルドイド!ヒルメナイドの効果と正しい使い方

ヒルドイドを美容目的で使うのはNG!健康保険の財政も圧迫

ヒルドイドクリーム 化粧水 順番

「ヒルドイド」という処方薬をご存知ですか?入手には医師の処方箋が必要で、皮膚科や小児科では保湿薬としてよく使われています。 インターネットを調べるとシワやシミ、美白にも効く「最強の美容クリーム」 などとして紹介されていましたが、これは本当なのでしょうか? 結論からさきに答えておきますと、 ヒルドイドが「最強の」保湿薬と言われるほど強い効果があるかどうかには疑問があります。 Webサイトによってはニキビやシミにも効果があると書かれていることもあり、科学的に実証されたデータではない情報も掲載されています。 処方薬ですが、必ずしも市販品より優れているということはないのです。 今回は皮膚の専門家として、正しい情報をお伝えできればと思います。 ヒルドイドって何? 「ヒルドイド」はヘパリン類似物質(ヘパリノイド)を含んだ保湿薬です。 このヘパリノイド(heparinoid)は英語ではむしろMPS(mucopolysaccharide polysulfate)という名前で知られ、 ムコ多糖類というものの一種です。 ヘパリノイドは周囲の水と結合し、水が蒸発するのを防ぐことができるので、保湿の成分があるのです。 「ヒアルロン酸」も保湿薬によく使用されていますが、こちらもムコ多糖類の一種です。 ヒアルロン酸が水を強力に保持する、というのは聞いたことがあるかもしれません。 ヘパリノイドも同じような作用があると思っていただければわかりやすいでしょう。 ヘパリノイドという名前を医療関係者が聞くと、「ヘパリン」という薬を思い出すことと思います。 ヘパリンというのは血が固まって血管が詰まるのを防ぐために使われる薬なので、これに構造が似たヘパリノイドにも血が固まるのを防ぐ作用があります。 そのため、ヘパリノイドは以前から「血栓性静脈炎」という皮膚表面の静脈が詰まって炎症を起こす病気を治療するぬり薬として使われてきました。 「血行促進」「抗炎症」の効果もあるとされているのはこのためです。 ヒルドイドの保湿効果とは? ヒルドイドは皮膚の一番の表面の角層から表皮、さらに奥の真皮まで浸透し、保湿の効果を発揮すると言われています。 タイの60人の女性で行われた試験では、ヒルドイドとヘパリノイドなしの保湿薬を比べたところ、ヒルドイドを用いた方が皮膚の水分を保持できるというデータが出ています。 また、日本でもワセリンや尿素を含んだ保湿薬よりもヒルドイドの保湿力が高かったというデータがあります。 これらを総合すると、ヒルドイドには一定の保湿力があることは間違いないと言えるでしょう。 ヒルドイドの実際の保湿力は? ただし注意して欲しいのは、一部のメディアが言うように、ヒルドイドが「最強の」保湿薬と言われるほど強い保湿薬があるかどうかには疑問があるということです。 アトピー性皮膚炎で高校生まで悩んでいた私自身、ヒルドイドを保湿に使ってきましたが、他の保湿薬に比べて明らかに優れているという印象はありません。 患者さんに多く処方してきた私の印象でも、ほかにも優れた保湿薬は多数あるという印象です。 また、ヒルドイドは日本では非常にポピュラーですが、アメリカでは保湿薬として使われているのを見たことがありません。 アメリカでは保湿薬は保険でカバーされて処方されることはないのですべて市販薬になりますが、ヘパリノイドはまったくといいほど製品に使用されていません。 その代わりに、ヘパリノイドと同じムコ多糖類のヒアルロン酸や皮膚のバリアを構成する脂質の一つであるセラミドがよく使われています。 ヒアルロン酸やセラミドの方が保湿力に関するデータは多いと言えます。 アメリカの皮膚科ではヒアルロン酸とセラミドの両方を含んだ製品のサンプルをよく患者さんに渡して使ってもらっています。 私自身も使っていますが、塗り心地がよく保湿力も高いので、一押しです。 アメリカの薬局には多数の保湿剤が売られているが、ヒルドイドの成分は含まれていない。 ヒアルロン酸やセラミドが含まれている製品は保湿力が強く、使用感もいい。 ヒルドイドに美容効果はあるのか? 保湿作用があるので、乾燥肌を改善し細かいシワが減って見えるという効果はあります。 ヒルドイドに限らず、特に冬は乾燥を保湿薬で防ぐ、というのは美容に有効です。 ただ、ホームページによってはニキビやシミにも効果があると書かれています。 これは科学的に検証されたデータではないので注意が必要です。 ニキビやシミにはそれに応じた治療がしっかりあるので、皮膚科医に相談して下さい。 ヒルドイドを使う上での注意点は? ヒルドイドに含まれるヘパリノイドには、血を固まりにくくする作用があると最初に説明しました。 しかし、ヒルドイドは皮膚の真皮までしか通常吸収されませんので、体に吸収されて全身の血が固まりにくくなる、という心配はまずありません。 また、かぶれを起こす可能性も極めて低いですので、長期的に問題なく使用できます。 とはいえ、これは私見になりますが、保湿だけの効果を期待するのであれば、このような血液に対する効果のない、ヒアルロン酸を使った製品を私であれば選びます。 ヒルドイドの有効な使い方は? ヒルドイドは美容のための化粧品ではなく、あくまで保湿薬だということを理解して下さい。 皮膚科によくかかる方にとっては、ヒルドイドは手に入れやすく、使いやすい保湿薬と言えます。 クリームと乳液状のローションがあり、さらにジェネリック(後発品)の「ビーソフテン」という製品では透明なローションタイプとそのスプレーが発売されています。 冬はクリーム、夏は透明なローションと、季節や乾燥の程度によって保湿薬の使用感を調節できるので、使いやすい製品と言えます。 また、ヘパリノイドを含んだ「HPクリーム」「HPローション」という製品が市販もされているので、医師を受診することなく、手に入れることができます。 ヒルドイドは処方薬ですが、必ずしも市販品より優れているということはありません。 市販薬、処方薬に限らず、保湿力が高いと思える自分に合った製品を選ぶことが大切です。

次の

ヒルドイドを美容目的で使うのはNG!健康保険の財政も圧迫

ヒルドイドクリーム 化粧水 順番

ビーソフテン 「乾燥する」と伝えると、ほぼ100%近くの病院でビーソフテンローションが処方されます 化粧水代わりに塗っておいてと言われます。 (化粧水もつけたい場合は、先にビーソフテンを塗ります) よっぽど酷い時はビーソフテンも塗らずにワセリンのみをつけなさいという指導が多いです。 メーカーからの指導書も載せておきますね。 入浴後(洗顔後)の皮膚が清潔になった状態でよく伸ばして塗ってください。 皮膚に刺激を与えないように優しく塗るのが良いです。 決してすり込んだり、指の先で掻くようにつけないで下さいね。 刺激になってしまいます。 ヒルドイドとビーソフテンの違いは? 先日、を書きました。 ビーソフテンの成分もヒルドイドと同じくヘパリン類似物質です。 では、何が違うのでしょうか? 実はヒルドイドが先発医薬品で、ビーソフテンはジェネリック品(後発医薬品)で、同じ血行促進・皮膚保湿剤なのです。 最近は医薬品の費用削減を目的に、ジェネリック品の利用促進に力が入れられている傾向ですが、ジェネリック品は先発品と主成分が同一でも、使われている基材や添加物が異なります。 つまり、似て非なる製剤、別の製剤なのです! 実際、東京逓信病院でヒルドイドとビーソフテンの保湿効果の差を評価したところ、先発品のヒルドイドの方が保湿効果が高いことが示されたとのことです。 (製薬会社、複数の皮膚科医師から説明を受けました) 保湿剤ヒルドイドは、ハンドクリーム代りに処方されることが多いのですが、顔にも使用できるので乳液やクリーム代りに使用する人も多いです。 *薬価や使い心地の差で選択が変わってくるので、どちらが良い、悪いということを言っているのではありません。 病院で処方してもらうしかないの? 処方なしで買える、市販のヘパリン類似物質配合の顔用のローションがあります。 薬用の医薬部外品と医薬品があります。 (医薬部外品とは化粧品と薬の中間に位置するものです。 ) 製薬会社の商品というのも安心のポイントで評価もとても高いです。 かゆみ・かぶれがある場合は使用を中止すること 先日、 を書きましたが、そこで薬が合っていないかも、と訴えたのはこのビーソフテンのことです。 これを塗ると、私はどうもかゆくなる気がするのです。 ヒルドイドクリームではかゆくならないのにビーソフテンローションでかゆくなるのは、使用されている添加物が私に合わない可能性があると思うのです。 しかし、この医師に 「それはないでしょう」と一蹴され、薬を変えることは考えてくれなかったので諦めました。 そして、自ら使用を中止することを決めました。 実際に処方薬に入っている防腐剤や成分にかぶれる(=接触性皮膚炎)ということもあるので、病院で処方されたものは万人に合う。 とは言えないのです。 こんな超敏感肌のとむ子でも使える化粧品があります。 こっちの方がよっぽど痒くならないです。 今回、顔が痒くなった原因は不明ですが、薬を塗りつつ、ワイエスラボでスキンケアを行っていこうと思います。 お読みいただきましてありがとうございました。

次の

発表!ヒルドイドの順番 化粧水/乳液/ニキビ薬/ステロイド

ヒルドイドクリーム 化粧水 順番

皮膚科で処方してもらえるヒルドイドは、肌の乾燥を防ぎ荒れた肌を整えてくれると美容に気を遣う女性たちから注目されている外用薬です。 ヒルドイドはもともと血行を良くする外用薬として開発されていたものですが、それ以外にも保湿や炎症を抑える効果、傷あとを綺麗にしてくれる効果などがあるため、肌に悩みを持つ方にとっては毎日のスキンケアにぜひとも取り入れたいアイテムではないでしょうか。 はヘパリン類似物質という、私たちの体内にあるヘパリンという物質に非常によく似た成分が主成分なので安全性が高く、肌が弱い方でも副作用の心配をほとんどすることなく使用できるというのもメリットです。 ヒルドイド自体が肌に水分を取り込んで保湿してくれる効果があるため、スキンケアにヒルドイドを使用すれば市販の高額な保湿剤以上の効果を得ることができると評価する女優さんやモデルさん、皮膚科の医師などの意見もあります。 ヒルドイドは保湿効果が高く、血行促進による新陳代謝の活発化によって、シミや皺、肌荒れの改善にも期待できることから、アンチエイジングなどの美容液の代わりとして使用する方が多いようですね。 ヒルドイドの効果を最大限発揮させるために、スキンケアにヒルドイドを取り入れる際の順番についてご紹介します。 まず、塗る量ですが、ヒルドイドにはクリーム、ソフト軟膏、ローション、ゲルの4タイプがあります。 どれを使用するかは、用途や使用場所によって医師が判断しますが、顔のスキンケアにヒルドイドを使う場合はクリームやソフト軟膏が選択されることが多いようです。 ヒルドイドクリーム、ソフト軟膏の場合は、人差し指の指先から第一関節まで出すと約0. 5グラムです。 ヒルドイドローションやゲルの場合は1円玉程度の大きさに出せば約0. 5グラムになります。 このヒルドイドを両手に広げて顔に塗り広げるのですが、塗ったあと、少し肌がベタつくかな?というくらいでちょうどいい量です。 ヒルドイドの効果を実感するためには、塗った場所にティッシュを1枚くっつけてみて、落ちない程度のしっとりさが必要です。 ヒルドイドを塗る場合、朝の洗顔後と夜の洗顔後、最低でも1日2回は塗るようにしてください。 1日1回だけで一度に塗る量を増やしてもヒルドイドの効果は充分発揮できません。 適量を1日2回以上が鉄則です。 ヒルドイドを塗る順番は、特にひどいトラブルが起きていない方や、普通の保湿剤として使用する場合は、普段使っている化粧水の後にヒルドイドを塗ります。 このとき気を付けるのは、洗顔してタオルで顔を押さえるように軽く水分を拭いたらなるべくするに化粧水を塗るようにすることです。 顔の水分は洗顔後急速に蒸発していくため、すぐに水分を補給してあげることが大切なためです。 洗顔後、化粧水なしでヒルドイドのみという方もいますので、化粧水は必ずしも使わなければいけないものではありません。 特に乾燥が気になる方は化粧水のあとヒルドイドという順番がいいでしょう。 ヒルドイド自体に保湿効果があるため、ヒルドイド後の乳液はなくてもかまいませんが、ヒルドイドの保湿効果をさらに高めるためにはワセリンのような肌にフタをする効果のある外用薬か乳液を塗るのがおすすめです。 もし肌にトラブルがあってステロイド剤を処方されていたり、ニキビ用の塗り薬が処方されている場合は、それらの薬を塗る前にヒルドイドを塗りましょう。 ステロイド剤を先に塗ってしまうとヒルドイドと混ざって塗る必要のない場所にまで塗り広げてしまうことになるためです。 ニキビ用の塗り薬の場合は肌を乾燥させてしまう副作用があるため、塗ると肌がヒリヒリしてしまうことがありますが、先にヒルドイドを塗っておくことでそれらを軽減させることができるからです。 もちろん、医師に塗る順番を指示された場合はその限りではありません。 また、アトピー性皮膚炎の方はヒルドイドを塗ると血行促進効果で肌の赤みがひどくなったり痒みがでることもありますので、必ず医師に相談してからスキンケアに取り入れるようにしてください。

次の