ヒルドイド 妊娠中 使用。 妊娠中のヒルドイドローション|女性の健康 「ジネコ」

妊娠中のヒルドイドローション|女性の健康 「ジネコ」

ヒルドイド 妊娠中 使用

妊娠中に使っても比較的安全だといわれている「かぜ薬」や「解熱・痛み止め(鎮痛薬)」は、 「アセトアミノフェン」です。 ただし、症状があってやむをえない場合だけに限り、使用後はすぐに医療機関を受診してください。 一方、妊娠中に注意が必要な薬は、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)の 「イブプロフェン」と 「ロキソプロフェン」です。 妊娠後期に大量に使うと、動脈管という胎児にとって大切な血管が収縮して、胎児に「心不全」や「全身がむくむ(胎児水腫)」が起こるおそれがあります。 頭痛薬の成分として含まれていたり、頭痛薬として市販されていることがありますので注意しましょう。 妊娠を理由に、持病の薬を自己判断でやめるのは危険 持病で薬を使っている人は、妊娠がわかった時点でかかりつけ医と産婦人科の医師に相談しましょう。 かぜ薬は「使う」ことに注意が必要ですが、持病の薬は逆に「やめる」ことにも注意が必要です。 自己判断で薬をやめてしまうと、持病が悪化するだけでなく、胎児にも悪影響が出ることがあります。 例えば、ぜんそくの場合、発作を起こすと母体と胎児の血液中の酸素濃度が低くなることがあります。 そのことが一因となって重症化すると「妊娠高血圧症候群」や「早産」、「胎児の発育が遅れる」などのリスクが高くなるという報告があります。 ぜんそくの場合、「吸入薬」は部分的に作用する薬なので、全身への影響が少ないと言われています。 自己判断で薬をやめてしまい、重症化してしまうと、全身に作用する注射やのみ薬を使用しなければならなくなります。

次の

妊娠線にヒルドイドは効果的なのか?その効果と妊娠線の原因や治療法を解説

ヒルドイド 妊娠中 使用

Contents• 妊娠中や産後のお肌に亀裂が走ったように見える妊娠線…一度できてしまうとなかなか消えずに残りやすい跡です。 妊娠と妊娠線は切っても切れない関係ですが、ママたちの間で「ヒルドイド」という保湿クリームが「妊娠線に効果があるんじゃない?」と話題になっていますね! もし、あなたがヒルドイドで妊娠線が防げる!と思っているなら、要注意です。 なぜなら副作用の可能性がありますし、なにせ美容目的で処方してくれない薬なんです。 今回は、そんなヒルドイドの効果や注意点など、個人的な感想も書きながらご紹介していきたいと思います。 ご参考になれば嬉しいです。 ヒルドイドの特徴とは? ヒルドイドは皮膚科で処方してもらえるお肌の保湿剤です。 血行を促進し、傷や炎症の修復を活発にさせる働きをしてくれる医薬品ですね。 主にアトピー性皮膚炎や、火傷、乾燥肌の改善に使われることが多いです。 医薬品ですので、皮膚科などきちんとした病院で処方箋を出してもらい、購入する形となりますのでドラッグストアや薬局では気軽に購入できません。 医者の処方してもらえなければ、手に入りませんので、「妊娠線を予防したいんで、ヒルドイドください」と正直に言ってもまず処方してくれないでしょう・・・ ヒルドイドの形式は、チューブ型のクリーム以外に、軟膏やローションタイプなど用途に合わせて処方されます。 子供が小さい時に皮膚炎になったときに、小児科で処方してもらったのを思い出します。 子供のお肌に使ってみると、すごく潤いが保たれていたので保湿力に優れているとは思いましたね。 ちょっとベタベタする感じはあるのですが、保湿力は感じられます。 妊娠線に効果ある? ヒルドイドの効果 3 つとは? この医薬品であるヒルドイドが妊娠線に対して、どんな効果があるのか?について主な効果を3つ紹介します。 効果その1・保湿 ヒルドイドはとにかく保湿力に優れています。 保湿と妊娠線の関係は奥が深いですから、妊娠線を改善するには保湿が必須! なぜなら、乾燥した状態の肌で放置していると、お腹の赤ちゃんの成長に伴って急激に皮膚が引っ張られることに耐えられず、肌内部で断裂が起きてしまうからです。 肌の乾燥を防ぐというのはとても大切なんですね。 妊娠線が気になる箇所にヒルドイドを塗るとその部分がしっかりと保湿されます。 保湿するという点で言えば、多少は予防効果も期待できるとはおもわれます。 効果その2・血行を良くする 常にきれいな肌でいるためには、新陳代謝が欠かせません。 妊娠中というのは特にホルモンバランスの変化などが原因で肌の代謝が乱れがちです。 ヒルドイドは肌の血行を良くする効果に優れているので、肌のターンオーバーもスムーズにできるようになって、肌の状態をいつでも健やかに保てるというわけなのです。 効果その3・抗炎症作用がある 炎症を鎮めてくれる作用もあります。 妊娠線の場合は炎症というわけではないのですが、肌の状態を美しく保てるように整えてくれる効果が期待できます。 【重要】妊娠線に効果ある?正直微妙です・・・ ヒルドイドには保湿する効果があるので、保湿することで皮膚の断裂をある程度防ぐ効果は期待できるとは思います。 が! このヒルドイド自体は妊娠線専用ってわけでもなく、妊娠線専用クリームに大抵配合されている「シラノール誘導体」という成分が配合れていません。 21世紀現在の時点で「妊娠線に効果がある」と実証されている成分は私がこの記事を書いている時点ではこのシラノール誘導体だけなんです。 このようにアメリカの実験で、「初産婦の80%がシラノール誘導体を使うことで妊娠線を防げた!」という実験結果が出ているんですよ。 保湿することももちろん予防の1つではありますが、ただ保湿するだけなら市販のクリームなどでも十分ですし、もしあなたが「ぜっったい、妊娠線なんて付けたくない!」と思うなら、シラノール誘導体が配合されたクリームを検討することをオススメします。 ヒルドイドは小児にも使われるほど優しい医薬品ですので安全性が高いと言われているくらい、安全な製品です。 しかしながら妊娠中というのは肌がとても敏感な状態になっているので、妊娠線予防にヒルドイドを使うときは、パッチテストをするなど異常が出ないかどうかを事前に確かめる必要があるでしょう。 そのほかに、血液の病気を持っている方や持病があって薬を毎日飲んでいる人などは薬剤師や医師に相談した方が安心です。 ただし、美容目的で使用することは推奨されていませんので、アトピーなどの疾患が無い限り、処方してくれない可能性が高いです。 また、保湿力にとても優れていることが分かっているヒルドイドですが、あくまでも医薬品なので副作用が完全にゼロというわけではないんですよ実は。 妊娠中に皮膚疾患になって皮膚科でヒルドイドを処方される妊婦さんも多いようですが、ヒルドイドクリームには、「ラノリン」という成分が含まれているんです。 このラノリンという成分は、肌のかぶれを引き起こす可能性が高いと言われている成分です。 なので、妊娠中の肌が敏感になっているときにヒルドイドを使ってしまうと、かぶれを引き起こしてしまう可能性も否定できないというわけですね。 もちろん、副作用出る可能性が高いというわけではないですが、妊娠中はとにかくほんの少しでも、肌トラブルは避けたいところですね。 【結論】ヒルドイドは皮膚を痛める可能性あり!効果も微妙 もし、あなたがヒルドイドで妊娠線を予防しようと思っているなら私はオススメしません。 そもそも、妊娠線用に開発されたものじゃないですし、本来はアトピーで苦しんでいる人に使うべき薬です。 そして、あなたが本気で妊娠線を避けたいなら、シラノール誘導体が配合されているものを選んだほうが後々後悔しないと思います。 現時点で効果がある!と立証されているのはこれだけでなので、万が一妊娠線ができてしまっても最善は尽くしたということになりますからね。

次の

妊娠中の外用薬について

ヒルドイド 妊娠中 使用

ヒルドイドとは、医療機関で処方される保湿剤の一種です。 「妊娠線にはヒルドイドで効果が期待できる」と耳にしたことのある方もいるかもしれません。 ヒルドイドにはクリームタイプ、ローションタイプなどがあり、皮膚に塗布して使用する外用薬として位置づけられています。 ヒルドイドにはヘパリン類似物質が含まれていますが、皮膚に水分を与えて持続させる作用があるといわれています。 ヒトの体内にはもともとヘパリンという成分がありますが、ヘパリン類似物質はそれと似た構造を持つ天然由来成分です。 なお、保湿剤としてよく使われるワセリンは油分が皮膜になって水分の蒸発を防ぐものであり、水分を与える作用はないため、ヒルドイドとは違いがあります。 ヒルドイドには塗布した部位の血行を促進する効果もあるとされており、傷の治癒を早めたり、肌の新陳代謝を高めたりする目的でも使用されています。 ヒルドイドを使うと妊娠線に効果は期待できる? 妊娠線は一度できると痕が残りやすいので、いかに予防していくかが大切となります。 妊娠線予防のための方法としては肌を柔軟に保つための保湿が代表的であり、そのためにヒルドイドを使う人もいます。 ヒルドイドは赤ちゃんに与える影響が少ないと考えられており、妊娠中でも比較的安全に使えるという利点もあります。 妊娠線予防のために市販の保湿クリームを塗布する方も多いですが、ヒルドイドは保湿力を持続させる効果が高いとされているため、医療機関で処方してもらう方もいます。 また、できてしまった妊娠線を保湿すると、乾燥によってスジが目立つのを防ぐ効果は期待できます。 保湿だけでは真皮の断裂を元に戻すことが難しいですが、ヒルドイドには血行を促す効果もあるといわれています。 血行を促す作用があれば、新陳代謝を高める効果が期待できるため、できてしまった妊娠線のケアにもプラスに作用する可能性があると考えられているのです。 ヒルドイドでは消えない場合の妊娠線の治療法 妊娠線ができないように日頃から予防しておくことは大切ですが、一度スジができるとしつこく痕が残ってしまいやすいです。 ヒルドイドを塗布すれば、新たにできる妊娠線を予防する効果は期待できるものの、ヒルドイドでは対応しきれない妊娠線の悩みを抱えている方も多いのが現状です。 そこで、ヒルドイドでは対処しきれなかった妊娠線の悩みは、医療機関に相談するという選択肢があります。 血流改善ガス治療という治療法では、妊娠線ができた部位に炭酸ガスを注入し、肌の再生力を高め、スジを目立たなくさせることを目指します。 炭酸ガスを注入することによって一時的な刺激を与え、コラーゲンの産生を促します。 そして、炭酸ガスが血流を促すことによって、皮膚の新陳代謝を高める効果も期待できます。 血流改善ガスは、断裂が起きた真皮を再生させることで、妊娠線を目立たなくさせる効果を狙う治療法なのです。 ヒルドイドを塗るだけではケアできなかった妊娠線でお悩みの方は、血流改善ガス治療を検討してみてはいかがでしょうか?.

次の