碧海 さり お。 星組 : 初心者のための宝塚観劇講座

星組 : 初心者のための宝塚観劇講座

碧海 さり お

礼真琴君演じる 「丹礼真」に抜擢されたのは、 101期の碧海さりおくん。 『眩耀の谷』は、 謝先生の脚本・演出・振付 なので、踊りと歌がハイレベルです。 そして「お芝居」とはいうものの、「踊りと歌のシーンの中でストーリーが展開する」と言ってもよい内容なので、歌と踊りのクオリティが高い碧海さりおくんが抜擢されたのでしょう。 碧海さりおくんについて 101期生 入団時成績5番、月組公演『1789-バスティーユの恋人たち-』初舞台。 身長169cm。 愛称は「ちゃりお」、「さりお」。 石川県金沢市出身。 新人公演の大きな初抜擢 入団して約1年後の「こうもり」新人公演で、礼真琴くんの役に抜てきされました。 新人公演の時に、真琴くんが、肩をトントンとたたいてくれたのが、何よりうれしかった、そうです。 礼真琴くんの初主演の新人公演主演が巡ってきて、ご縁が深いですね。 ショーのダンスでの活躍 現在上演中のお芝居、ショー『Ray -星の光線-』でも、ダンスのキレがいいなとお顔を見たら、さりお君の場合があります。 ショーのオリンピアのシーンでは、オリンピックカラー 赤、黄、黒、緑、青 で5人のダンサーが踊っています。 その選抜メンバー、漣 レイラ、音咲 いつき、 碧海 さりお、天飛 華音、水乃ゆりの5名の中の一人です。 1作前の 『エクレール ブリアン』フィナーレでの礼真琴くんと一緒に踊る、若手のダンス精鋭メンバーの一人でもありました。 希沙薫 100期 、 碧海さりお 101期 、天飛華音 101期 、咲城けい 101期 でした。 「日刊スポーツ」の記事より 新人公演前の主演ということで、インタビューを受けていました。 小学校高学年で初観劇した当日に入団を決意したそうです。 4度目の最後の受験で合格。 星稜高出身で、サッカーの 本田圭佑氏がOB。 本田圭佑氏が全校集会で 「あきらめたら、自分が負け」と仰ったそう。 その言葉を胸に刻んで、宝塚音楽学校の受験に臨んだそうです。 試験官から「なぜここまで?」と聞かれ「執念です」と答えた。 その不屈の闘志こそ、高校時代、学校に来た 本田の言葉が源だった。 「全校集会で『何事にも限界はない。 あきらめたら、自分が負けだ』とおっしゃって。 ちょうど、(宝塚受験に)落ちた後だったので、すごく身に染みて」引用 体育会系的な星組に配属されたことは、適していましたね。 本日の新人公演は、その不屈の闘志で、感動を味合わせてくれると思います。 101期のお姉さん 宝塚では年齢は、すみれコードでタブーですが、今回は新聞取材に明確に応えていらっしゃるので、ちょっと触れさせていただきます。 4回目の受験=高卒で受験 ということですね。 101期の中では一番のお姉さん、98期の中卒の人と同い歳になります。 つまり ありちゃん(暁千星)たちと。 102期の 天飛華音くんと、実力派ということと雰囲気で、少し似ているところがあります。 かのんくんは、中卒で入学しているので、年齢が離れています。 かのん君が星組に配属されて、さりおくんが割をくっているような感じがあったので、今回新人公演の主演に抜擢されたことは、とても良かったと思います。 礼真琴くんを中心に、実力主義の星組になったので、さりおくんの活躍の場は増えるでしょう。 現に増えています。 その他新人公演配役 舞空 瞳ちゃん演じる「瞳花」は、100期の桜庭舞ちゃん。 雪組時代からバウホールなどで、活躍の場を与えられながらも、新人公演で大きな役はつかなかったので、良かったですね。 まめちゃんも、歌、ダンスともに実力派なので、その実力を発揮してくれるでしょう。 前に体調不良のため「星組観劇」を逃してまったので、今日は「午後1時から」の本公演も観劇予定です。 また、観劇したら、感想を書きたいと思います。 ここまで読んでくださってありがとうございます。 ランキングに参加しています。 スポンサーリンク•

次の

星組『眩耀の谷』新人公演…主演は碧海さりお&ヒロインは桜庭舞!

碧海 さり お

入団5年目の星組ホープ、碧海さりお(あおみ・さりお)が来月9日、東京宝塚劇場で上演される「眩耀(げんよう)の谷」で新人公演初主演に挑む。 2月25日の兵庫・宝塚大劇場で行われた同公演では、澄んだ歌声にはつらつとした演技で客席の心をとらえ、カーテンコールのあいさつでは「不安や緊張で押しつぶされそうになる自分がいた」と声を震わせた。 同公演は新トップスター・礼真琴のお披露目公演としても注目の公演。 本番直前には、その礼から「うまくやろうなんて思わなくていい。 思いっきり楽しんでおいで」と背中を押され伸び伸び演技ができた。 「礼さんはいつも、周囲との絡みとか、どんな端にいる人にも目を向けてくださってお声を掛けてくださる。 ちょっとした間、息づかい…。 何でもいいから何かしら学びたい」と話した。 高校野球、サッカーの強豪で知られる石川・星稜高出身。 「何事にも限界はない。 あきらめたら負け」。 サッカー元日本代表MF本田圭佑(33)が母校の全校集会で贈ってくれた言葉が今も胸にある。 「ちょうど、私が音楽学校の受験に落ちた時で、すごく身に染みてありがたかった。 芸事も同じ。 これからもあきらめずに進化し続ける男役でありたい」。 宝塚音楽学校へはラストチャンス、4度目の挑戦をモノにした根性娘。 「碧い海」のようにと「限りなく無限大、という意味を込めて」芸名をつけた。 名前に負けないスターを目指し、まずは初の大役を足がかりに飛躍を目指す。 星稜高を経て15年初舞台。 身長1メートル69。 愛称「ちゃりお」。

次の

星組『眩耀の谷』の新公主演碧海さりおくん

碧海 さり お

宝塚歌劇の星組「眩耀(げんよう)の谷~舞い降りた新星~」新人公演が25日、兵庫・宝塚大劇場で行われ、5年目の碧海さりおが初主演した。 石川・星稜高出身で、在学中に来校したOB本田圭佑が口にした「何事にも限界はない。 あきらめたら、自分が負けだ」との言葉を胸に、宝塚音楽学校は4度目の挑戦で合格した。 本田譲りの不屈の魂で、念願の主演をゲット。 初センターには「ライトがとってもまぶしかった。 カツラにも慣れないと。 東京(公演)ではもっとしっかりお見せしたい」と決意も新たにした。 稽古場で「0番」に立った時から「いろんな人の思いを背負っている。 責任をもって」と覚悟を決め、開演の直前までは「緊張しなかった」という。 「ところが舞台に出た瞬間、すごく緊張して…」と苦笑。 それでも「お客様の拍手が支えになりました」と言い、無事に主役を務め終え、安堵(あんど)の笑みを浮かべた。 本公演は、新トップ礼真琴と相手娘役・舞空瞳の本拠地お披露目。 入団から約1年後の「こうもり」新人公演で、礼の役に抜てきされた縁もある。 この日、礼から「上手にしなくていいから、思い切り楽しんでおいで」と言われ、送り出され「すごい気持ちが楽になりました」と感謝した。 ヒロインは、6年目の桜庭舞(さくらば・まい)。 主演の碧海より1年、本役のトップ娘役舞空より2年先輩になる。 桜庭は「朝からずっと緊張していて、(舞台で)からだがフラフラしてしまった」と言いつつ、舞空への思いも吐露。 「稽古場の時点から(自身の演技を)どう感じたか伝えてくれ、今回は(舞空の)大劇場お披露目でもあり、一緒に緊張してくれ、温かい気持ちになりました」と話していた。 東京宝塚劇場は4月9日。

次の