芥川 龍之介 蜘蛛 の 糸。 蜘蛛の糸

蜘蛛の糸

芥川 龍之介 蜘蛛 の 糸

芥川龍之介「蜘蛛の糸」 蜘蛛の糸は、1918年4月に書かれた短編小説。 芥川龍之介は当時27歳であった。 蜘蛛の糸あらすじ さまざまな悪事を働き、地獄へ落とされたカンダタ( 犍陀多)。 しかし、生きている間に、一度だけ善行を行った。 林の中で出会った蜘蛛を殺さずに助けたのだ。 お釈迦様はそのことを思い出し、一本の蜘蛛の糸を地獄の血の池まで垂らしてやる。 血の池からそれを見つけたカンダタは、早速蜘蛛の糸をつかみ、よじのぼり始めるが、くたびれて下を見ると、他の何百という罪人たちがあとから糸を伝ってのぼってくる。 カンダタは、罪人たちの重みで糸が切れるのを恐れ「この蜘蛛の糸は俺のもの。 お前たちは下りろ」と言う。 その途端、蜘蛛の糸は急に切れ、カンダタは、元いた血の池の底まで、落ちてしまう。 ドストエフスキー — カラマーゾフの兄弟「一本の葱」 カラマーゾフの兄弟は、1879年にロシアで出版された。 「罪と罰」「白痴」の作者、文豪フョードル・ドストエフスキーの最後の作品で、全4部からなる、長大な物語だ。 この、カラマーゾフの兄弟の作中にも、蜘蛛の糸によく似た話が登場する。 第3部で、登場人物の一人、グルーシェニカという女性が、「たんなるおとぎ話だけど」と言って語る、「一本の葱」という話である。 一本の葱あらすじ 昔あるところに、とにかく意地の悪い女がいて、死んだ。 死ぬまで良いことをしなかったので、悪魔に火の湖(うみ)に投げ込まれた。 女の守護天使はかわいそうに思い、神様に報告できるような善行を探す。 そして、女が一本の葱を野菜畑から抜いて乞食にやったことがあるのを思い出し、神様に伝えた。 神様は「ではその葱を拾ってきて、女に掴まらせ、ひっぱりなさい」という。 守護天使はそのとおりにし、火の湖にいる女に葱を差し出す。 女は葱に掴まり、もう少しで岸に上がるというところまで来るが、他の罪人たちが女にしがみつき、一緒に引きあげてもらおうとする。 すると女は「これは私の葱」と言って、他の罪人を蹴落とし始める。 そのとたん、葱はぷつりと切れ、女は火の湖に落ち、今日まで燃え続けている。 「一本の葱」はどこから来たか この物語は、ドストエフスキーの創作ではなく、庶民の間に伝えられていたおとぎ話であったらしい。 ロシアの民俗学者、アファナーシエフがまとめた「ロシア説話集」にも、類似する話が登場している。 ドストエフスキーは、「一本の葱」の話を、農家のおばさんから聞いて、作中に入れたと自ら話している。 ロシアのネギは細いのか 画像引用元: 葱が「ぷつりと切れる」という表現で引っかかったので、調べてみた。 ロシアのネギはどんなものか。 上の画像のように、なるほど細い。 長ネギとアサツキの中間ぐらいの太さらしい。 これなら「ぷつり」と切れてもおかしくはない。 ちなみにこのネギ、ロシアでは、生のままサラダなどに入れて使うことが多いとか。 ポール・ケーラス — カルマ ポールケーラス(Paul・Carus)は、ドイツ生まれの東洋哲学者である。 「カルマ(Karma)」は、アメリカの雑誌「オープン・コート」に1894年に掲載された物語だ。 カルマの物語の中で、バラモン僧の弟子パンタカが、盗賊団の首領の死に際「カンダタの話」をして、罪を悔い改めさせる。 「カルマ」よりカンダタの話あらすじ 大泥棒カンダータは、死んで悪魔となり地獄へ生まれ変わった。 地上に仏陀が現れると、カンダータは仏陀に助けてくれと頼む。 仏陀は彼の元に、蜘蛛の巣に乗せた一匹の蜘蛛を遣わした。 蜘蛛はカンダータに「私の網に掴まって地獄から抜け出しなさい」と言う。 カンダータは網をよじのぼり始める。 このあと、パンタカの説教が入る。 「幸せを独り占めしようとした途端、糸が切れた。 糸につたってのぼる人が増えれば増えるほど、一人一人は楽になるのだ。 地獄というのは利己心なのである。 云々」 カルマの歴史• 1894年 — アメリカの雑誌「オープン・コート」内に、ポール・ケーラス著「カルマ」掲載。 同年、「カルマ」をトルストイがロシア語に翻訳。 1895年 — ポール・ケーラス自身が「カルマ」に加筆した「日本版カルマ」出版(英文)。 1898年 — 「日本版カルマ」の邦訳「因果の小車」出版。 鈴木大拙(だいせつ)訳。 ヨーロッパには、トルストイ訳「カルマ」が広まった。 さらに、• カンダタが生きているとき、森の中で蜘蛛を見つけ、「おれはこの蜘蛛を踏み潰すまい」とつぶやき助けた。 そのことをお釈迦様が思い出す という、初代「カルマ」にはなかったエピソードが追加されている。 因果の小車 「日本版カルマ」の邦訳「因果の小車」(鈴木大拙訳)では、カンダタに「 犍陀多」の漢字が当てられている。 結論 — 蜘蛛の糸のルーツ 芥川龍之介の蜘蛛の糸は、カラマーゾフの兄弟の「一本の葱」から着想を得たものだと、一時期考えられていた。 しかし、• 「カルマ日本版」の中でのTHE SPIDER WEBという題• 蜘蛛を踏み潰さなかったカンダタのエピソードが同じ• カンダタに「因果の小車」と同じ「 犍陀多」の漢字が当てられている といった点から、現在は、「日本版カルマ」の邦訳「因果の小車」を元にして書かれたものであるとの説が最も有力である。 つまり、蜘蛛の糸のルーツは、ポール・ケーラスの「カルマ」だったのだ。 スッキリしていただけただろうか。 今日は、芥川龍之介「蜘蛛の糸」のルーツを追った。 参考文献: ドストエフスキー(2007)『カラマーゾフの兄弟3』亀山郁夫訳,光文社 豆腐屋は「ポーペー」 竿竹屋は「竹や~さおだけ~」 焼き芋屋は「石焼~き芋~」 結婚というワードには、ただ幸せなイメージがある。 幸せな結婚にあこがれる女性も多くいる。 今日も悪夢で目が覚めた。 朝からぐったりだ。 人が悪夢を見るのはなぜなのか、考えてみ ピンク髪といえば、あなたは誰を思い浮かべるだろうか。 最近日本のアニメや漫画では、珍しくない、パス 関東では11月、あちこちの神社で酉の市(とりのいち)が行われます。 市という名が付いている 人が買い物する理由は、欲しいものを手に入れるため、だけではないらしい。 経済学番組「オイコ お前が結婚できない理由は何なのか? Eテレの経済学番組、「オイコノミア」に学び、 いつも 小松菜を洗っていたら、1枚の葉にウネウネと曲がりくねった白い筋が。 芯の近くにうっすら 子供のころ、友達で「面白くない」ことを「おもしくない」っていう子がいたのよね。 私が通って コペンハーゲンにあるチボリ公園のクリスマスを以前、紹介したけど、今日もまたデンマークの話をするわ.

次の

芥川龍之介「蜘蛛の糸」のあらすじと解説!この話の教訓は何?

芥川 龍之介 蜘蛛 の 糸

目次 [閉じる]• あらすじ 天上のお釈迦様 お釈迦様が極楽から下を眺めてみると、地獄の底にカンダタという男が他の罪人と一緒に蠢いているのが目につきました。 カンダタは色々な悪事を働いた悪人ですが、たった一つ善い事をした覚えがありました。 道を這う小さな蜘蛛を見つけた際に踏み潰そうと思ったものの、「小さな蜘蛛にも命があるのだから無闇に殺すのはかわいそうだ」と見逃したことがあったのです。 お釈迦様はカンダタが蜘蛛を助けた事を思い出すと、その報いとしてカンダタを地獄から救ってやろうと思い、極楽の蜘蛛から出ている糸を手に取り地獄の底へと降ろしました。 地獄のカンダタ 地獄の底でカンダタは地獄の責め苦に疲れ果てもがいていました。 そんなカンダタが何気なく顔を上げると、一条の蜘蛛の糸が垂れてくるではありませんか。 この糸を登っていけば地獄から抜け出せると考えたカンダタは糸を掴んで登り始めます。 しかし極楽への道のりは遠く、やがて疲れて一休みすることにしてふと下を見ました。 すると下から数多の罪人たちが蜘蛛の糸を登って来るではありませんか。 細い蜘蛛の糸がこんなに沢山の人々を支えられる訳がないと思ったカンダタは「この糸は俺のものだ!お前たちは下りろ!」と叫びます。 すると糸はカンダタの辺りからプツリと切れ、カンダタと罪人たちは真っ逆さまに地獄へと落ちていきました。 自分ばかりが助かろうとする無慈悲な心が相応の罰を受け、カンダタは元いた地獄へと落とされたのです。 一部始終を見ていたお釈迦様は悲しそうな顔をしながら、またぶらぶらと歩きはじめました。 感想 シンプルで短い内容ながら、色々と考えさせられる話です。 お釈迦様は紛れもなく悪人であるカンダタを救うために蜘蛛の糸を垂らしました。 蜘蛛を助けたぐらいでそんなチャンスを与えるなんてと思ったかもしれませんが、そんな甘い話ではありませんでしたね。 お釈迦様ならカンダタをもっと確実に助けることができたはずですが、か細い蜘蛛の糸を掴むようなチャンスしか与えなかったのです。 しかしカンダタが蜘蛛の糸を登ってこれるような人間だったのであれば、そもそも地獄には落ちていないはずです。 最後にお釈迦様が悲しそうな顔をしたのも、カンダタの失敗を見て哀れんだというよりは、地獄の罪人が天国に上がってこれないことを再認識した哀しみなのかもしれませんね。 カンダタは一体どうすれば天国へと辿り着くことができたのでしょうか。 他人を蹴落とそうとしたのは間違いだったようですが、あのまま見過ごすのが正しい選択とは限りません。 お釈迦様が垂らしたものは、まさしく蜘蛛の糸でしかなかったのですから。 この話は短いながらも示唆に富んでおり、読み手によって感じ方も違うようです。 何か感じ入ることがあったなら、ぜひ原文に当たって頂ければと思います。

次の

芥川龍之介「蜘蛛の糸」②「犍陀多が蜘蛛を助けた理由=お釈迦様が犍陀多を助けた理由」

芥川 龍之介 蜘蛛 の 糸

羅生門の読書感想文(原稿用紙5枚/2000文字) 「オシャカ様の気まぐれの善意について」 すべての善行は、果たして本当に「善」と言えるのだろうか。 私は夏休みに『蜘蛛の糸』を読んだ。 なぜこの本を選んだのかと言うと、私は本を読むのが苦手なので、短くて読みやすいものを読みたかったからである。 実際、『蜘蛛の糸』は短くて読みやすかったので、あっという間に読み終えることができた。 この物語はオシャカ様が極楽の蓮の池から生前蜘蛛を助けたことのあるカンダタを助けようと蜘蛛の糸を垂らすも、自分の事しか考えないカンダタの言葉に蜘蛛の糸は切れてカンダタは再び地獄に落ちてしまうという話である。 あらすじは知っていたので、本を読む前は「カンダタはなんて自分勝手な奴なのだろう」と思っていた。 しかし本を読み終えると、自分勝手なのはオシャカ様なのでは、という疑問が浮かんできた。 「オシャカ様は地獄の容子を御覧になりながら、このカンダタには蜘蛛を助けた事があるのを御思い出しになりました。 そうしてそれだけの善い事をした報には、出来るなら、この男を地獄から救い出してやろうと御考えになりました。 」 失礼だが、オシャカ様は、大変気まぐれな方なのだと私は感じた。 オシャカ様はある朝偶然蓮の池の間から地獄を覗いてカンダタを見つけて、「そういえばカンダタは善い事をしていたから助けてやろう」と蜘蛛の糸を垂らした。 言い方は悪いが、要約するとこうなる。 オシャカ様だから人間より偉い存在なのかもしれないが、その言動に私はもやもやとしたものを感じずにはいられなかった。 オシャカ様の気まぐれな善意が、カンダタを徒に喜ばせることになるからだ。 確かにカンダタは極悪人で、地獄に居るべき罪人である。 しかし過去に善行をした事があるにも関わらず地獄行きとなったのは、閻魔様の判断だからだ。 それを引っ掻き回すのは勝手と言われても仕方がないのではないだろうか。 「こちらは地獄の底の血の池で、ほかの罪人と一しょに、浮いたり沈んだりしていたカンダタでございます。 何しろどちらを見ても、まっ暗で、たまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと、それは恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。 」 地獄はなんと辛く、寂しく、恐ろしいのだろう。 この終わること無く続く苦しみに、地獄に落ちた罪人達は一生罰を受けるのだろう。 その内の一人であるカンダタも、永い間地獄で苦しんできたはず。 極楽への望みは閻魔様によって完全に絶たれ、諦めて地獄で罰を受けてきたはず。 それをオシャカ様は気まぐれによってわずかながらにも希望を持ってしまった。 結局カンダタは極楽へは行けず、また地獄に落とされる。 「もう2度と極楽へは行けない」と言う事実に絶望したかもしれない。 「もしかするとまた蜘蛛の糸が垂れてくるかもしれない」というありもしない希望を持ってしまったかもしれない。 そんな風に思ってしまったのなら、カンダタに同情します。 「オシャカ様は極楽の蓮池のふちに立って、この一部始終をじっと見ていらっしゃいましたが、やがてカンダタが血の池の底へ石のように沈んでしまいますと、悲しそうな御顔をなさりながら、またぶらぶら御歩きになり始めました。 自分ばかり地獄からぬけ出そうとする、カンダタの無慈悲な心が、そうしてその心相当な罰をうけて、元の地獄へ落ちてしまったのが、御釈迦様の御目から見ると、浅間しく思召されたのでございましょう。 」 オシャカ様の心情は明確に描写されていない。 「悲しそうな御顔」とか、「浅ましく思召されたのでしょう」とか、断定はしておらず、あくまでも客観的に見て判断されただけだ。 このオシャカ様の心情と思わしき描写の後に、気になる所がある。 それは「蓮の池」である。 「しかし極楽の蓮池の蓮は、少しもそんな事には頓着致しません。 」と、オシャカ様とカンダタの間に起きたことを、何事もなかったかのように蓮の池は波音も立てずにいたのだ。 しかし私は、この蓮の池こそがオシャカ様の心情を表しているのではないかと思う。 現にオシャカ様は悲しそうな顔をしただけですぐさま蓮の池から離れて歩きだしている。 オシャカ様も元々は蓮の池から地獄を覗くまではカンダタの事は気に留めてもいなかった。 したがってカンダタが再び地獄に落ちようとも、オシャカ様には些細な事である。 今回『蜘蛛の糸』を読んで学んだことは、相手がどんな気持ちで自分の善意を受け取るかは自由だ、ということだ。 再び地獄に落ちたカンダタの気持ちは書かれていない。 しかし、蜘蛛の糸が切れた瞬間、カンダタは何かしらの気持ちを思ったことは間違いないだろう。 もし恨んでいたとするなら、それもカンダタの自由だと思う。 自分の善意が必ずしも本人のためになるとは言えないからだ。 その事を念頭に置いて、自分も行動しようと思った。 (1953文字) まとめ 以上、 芥川龍之介『蜘蛛の糸』の あらすじと読書感想文でした。

次の