冷凍 シーフード ミックス 解凍。 おすすめ!業務スーパーの【徳用シーフードミックス】の注意点とアレンジ方法は?

「冷凍シーフード」解凍するか、そのまま調理か?食感もうま味の残すこれが正解!: J

冷凍 シーフード ミックス 解凍

シーフードミックスはなぜ縮むのか? そもそも「シーフードミックス」とは、エビやイカ、アサリやホタテなどの魚介類をゆでて急速冷凍したものなのですが、通常の処理として、ゆでた魚介類を酸化や冷凍焼けから守るために、「塩水」にくぐらせて冷凍をします。 この工程で作られるのが「グレース」という氷の膜。 つまり、魚介類の周りと内側には、「塩」がある状態なのです。 すでにお分かりの方もいるかもしれませんが、この塩をまとった魚介類をグツグツゆでたり、水に漬けて解凍しようとすると、浸透圧の関係により、「塩分」はもちろんのこと、「旨味成分」まで外側に出てしまうことに。 これが縮みやマズさの原因となるのです。 この失敗をしないためには、塩分・旨味が放出しにくいように解凍することが重要となります。 つまり、 塩水に漬けて解凍をし、調理は短時間で仕上げるということだけ守ればOK! 商品パッケージにある、「冷蔵庫で自然解凍してください。 お急ぎの場合は、袋の上から流水で解凍してください。 」というやり方だけでは、プリップリの魚介類は楽しめません。 塩分量は「ちょっと濃いめ」がよく、水500mlにつき大さじ1の塩を溶かしてください。 塩水に漬ける時間は、夏は10~20分程度、冬は30分~1時間程度を目安にしましょう。 解凍できたら、キッチンペーパーを敷いた皿に取り、周りの水分をしっかり吸い取ります。 この段階で塩分をしっかりまとっていますので、料理の味付けはいつもよりも「薄め」でOK。 料理に投入するタイミングは、「最後の仕上げ」で十分で、さっと火を通すくらいにとどめましょう。 (もともと「ゆでた状態」なので)このコツを守り、海鮮焼きそばを作ってみたのがコチラ。 麺とソースを加えるタイミングで魚介類を投入、ソースを少なめに調味するのがポイントです。

次の

その方法間違ってない?シーフードミックスを美味く解凍する方法|これってなんですか?

冷凍 シーフード ミックス 解凍

冷凍シーフードは保存が効いて安くて、下ごしらえの手間いらずとお助け料理の代表選手だ。 でも、冷凍スペースに長い間眠ったまま、賞味期限切れも良くある。 調理も上手にやらないと生臭さが残ったり、堅かったりパサパサしてしまう。 「冷凍シーフードをどう上手く使いこなすか、シェフの知恵も借りて挑戦です」(有働由美子キャスター) 「常温」「冷蔵庫」「袋に入れたまま流水」「電子レンジ」「解凍せず直接調理」を比較実験 火曜日の「夢の3シェフNEO」コーナーで日本料理を担当している橋本幹造店長が東京海洋大学・鈴木徹教授を訪ねた。 冷凍シーフードの解凍はどの方法が一番良いかを計測するためだ。 解凍法は5つ。 「常温」「冷蔵庫」「袋に入れたまま流水」「電子レンジ」「解凍せずに直接調理」だ。 まずイカの食感がどれだけ違うのかを計測したところ、「電子レンジ」と「流水」は堅くパサついた食感になった。 一番柔らかくソフトな食感を残していたのが「解凍せず」だった。 鈴木教授「直接調理は解凍するまでの時間が短いので、タンパク質の変性があまり進まないからです」 次に、うま味成分であるアミノ酸の量を計測した。 アミノ酸が最も多かったのは、これまた「直接調理」で、他は係数が落ちた。 「まったく手間いらず。 まさかの結果でした」と橋本幹造は驚き、中国料理の井桁良樹は「焼きそばなどはそのままの調理ですね」といい、イタリア料理シェフのマリオ・フリットリルも「そのまま直接ね」という。 しょうがやねぎ、お酒で生臭さ消し 冷凍シーフードの生臭みを取る方法を東京海洋大学・大迫一史准教授がアドバイスした。 「臭いにマスクをするのには、しょうがやねぎなどの香味野菜に日本酒や紹興酒などの酒類にハーブなどの葉っぱ類の調合です」 そのあとの調理で、井桁良樹は海鮮天津丼で冷凍シーフードの臭みを消すために、しょうが汁と紹興酒を調合してその中でシーフードを湯煎した。 (磯G).

次の

カレーに冷凍シーフードミックスを入れるタイミングは?煮込むと生臭い?

冷凍 シーフード ミックス 解凍

こんにちは! カレーやシチューが大好きです。 最近、 よく業務スーパーで購入しているのが冷凍コーナーにある「徳用シーフードミックス」です。 えび・イカ・あさりの3種類が入ったシーフードミックスなんですが、 量が多いのに激安なんです。 カレーやシチューはもちろん、グラタンやパスタ、チャーハン、アヒージョ、あんかけの具としてもアレンジできる万能食材です。 ただ、加熱しすぎると縮みやすかったり、たまに砂が入っていたり マイナス点もあります。 それでも私は、リピート買いするほど気に入っています! 業務スーパーで販売している「シーフードミックス」のアレンジ方法、解凍方法、マイナス点から感想までご紹介します。 業務スーパーの「徳用シーフードミックス」 【業務スーパー】シーフードミックスは量が多いのに安い 業務スーパーでおすすめのシーフードミックスがこちらです。 徳用シーフードミックス ¥377(税別) シーフードミックスは、どこのスーパーでも売っているので手に入れやすいです。 しかし、 業務スーパーのシーフードミックスは量が多いのに安いんです。 中身のみなら357g入っています。 (氷衣入りだと、550g) この量で400円程度って激安だと思います。 シーフードミックスの具材(えび・イカ・あさり) 業務スーパーの「徳用シーフードミックス」に入っているのは、3種類の海鮮具材です。 えび(インド産)• イカ(中国産)• あさり(中国産) スーパーなどで売っているシーフードミックスも、ほとんどが中国やインド産なので気にせず利用しています。 イカは大きめですが、えび・あさりは小さめですね。 まぁ、安いのでそこらへんは仕方がないです。 それぞれの感想としては、 イカがふっくらした食感で美味しいです! あさりは、独特の旨みが出るので料理の味が深くなります。 えびは、加熱により縮みやすいです。 えびに期待するとガッカリしちゃうかもしれません。 私は、あさり&イカに満足しています。 (えびを楽しみたい場合は、えびのみのシーフードを買うと良いと思います) 【業務スーパー】シーフードミックスの解凍方法 シーフードミックスは冷凍されているので、加熱して食べます。 解凍方法は2つあります。 <解凍方法>• 凍ったまま加熱する• 解凍してから調理に加える 私は、面倒なので凍ったまま加熱調理しています。 解凍してから調理に加える場合は、 冷蔵庫に移して自然解凍するか・塩水に浸けて解凍します。 業務スーパーの「シーフードミックス」注意点 「徳用シーフードミックス」は、加熱しすぎると具材が縮みやすくなります。 私が凍ったまま加熱調理するので、火を入れる時間が長くなり、縮みやすいという理由もありますが…。 縮ませず、ふっくらした状態で食べたいならば解凍した具材を使用した方が良いかもしれません。 また、火がすぐに通るのでシーフードミックスを加熱するタイミングを考えながら調理した方が美味しくなると思います。 ずっと煮込んでいたら縮んでしまうのは当然ですもんね。 解凍された具材の方が、加熱時間が短くなるのでオススメです! また、 氷衣が暑い分、ドリップも多いです。 ドリップも旨み、と考えるなら気にしなくて良いと思いますが…味が薄まる可能性もあります。 解凍については、それぞれ個人のお好みで選ぶべきだと思います。 ちなみに、私は凍ったまま料理しますが、 ドリップの嫌なニオイなどを感じたことはありません。 もちろん、 えび・イカ・あさりも変な味・ニオイもなく美味しいです。 「徳用シーフードミックス」で気になった点は、 たまに砂を感じたことです。 あさりの砂抜きが足りない時があるのかな? 毎回、砂を感じたわけではありません。 たまに「ジャリ」と感じる程度。 そういうのが気になる人にはマイナス点かもしれません。 私なんて、自分で砂抜きしても砂がジャリっとすることあるので…神経質には感じませんでした 笑 <気になる点>• 加熱しすぎると縮みやすい• ドリップが多い• たまに砂が混じっている 個人的には、シーフードミックスより「冷凍あさり」の方が使いやすいです! 砂も感じませんし、大量のあさりがコスパ良いです。 クラムチャウダーにハマっていまして。 あさりの旨みが良い味を出しているんですよ! カレーも、もちろん美味しいです。 ちょっと具材は小さめですが、しっかりシーフードの旨みが出ます! カレールーは、業務スーパーの大きな1kgを愛用しています。 参考記事 >> 冷凍シーフードミックスがあれば「シーフードパスタ」が簡単 冷蔵庫に何も入っていなくても、冷凍庫にシーフードミックスがあれば簡単にパスタができちゃいます。 ペスカトーレ、和風パスタ、ペペロンチーノなど色々なレシピが可能です。 業務スーパーの「シーフードミックス」でアヒージョ 家でお酒を飲むとき、何気なく「アヒージョでも作ってみるか」と思い、シーフードミックスで作りました。 これが、とっても美味しい! ちょっと写真だと美味しそうに見えないですね 笑 同じく業務スーパーに売っている冷凍「きのこミックス」と「徳用シーフードミックス」で簡単に作っただけですが…お酒が進みますね。 というか、パンと食べるとエンドレスで食べれそう。 パセリを冷凍しておくと、色々な料理に使えて便利です。 参考記事 >> シーフードミックスは「あんかけの具材」にもアレンジ可能 シーフードミックスは、 あんかけの具材としても利用できます。 あんかけチャーハン、あんかけ焼きそば、あんかけ豆腐など。 1粒ずつが小さいので、あんかけの具材として活用するのはピッタリだと思います。 簡単にできる一品なので、よく作ります。 シーフードミックスで「チャーハン(ピラフ)」 写真は撮っていませんが、チャーハン(ピラフ)の具材にしても良いですよね。 シーフードが入って、いつもとは違った豪華さになります! 業務スーパーの「シーフードミックス」はおすすめですが、実は…「シーフードミックス」より私がリピート購入しているのが「冷凍むきあさり」です! シーフードミックスより好きかも。 加熱しすぎて縮まないように事前に解凍しておくと、もっと美味しく食べることができると思います。 冷凍庫に入っていると、食材がない日でも何か作れるので、我が家ではこれからも頼りになる冷凍品だと思います。 ありがとうございます。

次の