ある日私は冷血公爵の娘になった 翻訳。 聖女小説一覧(11ページ目)

ある日、お姫様になってしまった件について

ある日私は冷血公爵の娘になった 翻訳

2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。 新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。 しかし、皇后になって3年、皇帝のソビエシュは狩り場で出あった奴隷出身のラスタに一目惚れし、ラスタを宮殿に迎え入れ「皇帝の側室」という地位まで与えた。 そしてソビエシュはラスタにはまっていくほどナビエを傷つける行動を繰り返す。 ラスタは自身を皇后にしてほしいとソビエシュに哀願し皇帝の座まで狙う。 ナビエは自身が皇后…• ですので、どうしても正確でしっかりとした翻訳で読みたい方は、以下の翻訳は読まずに大人気独占配信中のピッコマでの掲載をお待ちください。 piccoma. 完璧な人生を送っていた彼女だが、ある日突然現れた令嬢・プシュケーに全てを奪われる。 原作Nokki 作画AhBin 原題「양판소 주인공의 아내로 살아남기 」 毎週金曜日12時にピッコマで最新話が更新されています。 私、その小説の妃になってしまいました…• どうしても正確でしっかりとした翻訳で読みたい方は、以下の翻訳は読まずに大人気独占配信中のピッコマでの掲載をお待ちください。 piccoma. ウィリアム子爵邸宅の女中、 エドナは子爵の娘、アナの代わりに戦争英雄だが、 平民出身の貴族であるイーライと結婚させられる。 しかし、その嘘はすぐにバレ、エドナは生き残るため イーライに立ち向かうことになる。 そんなエドナの姿にイーライも興味を持つようになるが…。 下女から領主の妻に一気に身分上昇したエドナ。 しかし、エドナ…• 「エルザネス」は自分とは対照的に百姓のために働く妹「リリエル」の代わりに、自ら「北方の怪物」と呼ばれるアマリリス帝国の「ルカルエン」との政略結婚のため、北方に一人で向かう。 着いた先で出迎えた「ルカルエン」は「エルザネス」を手厚くもてなすが、結婚につ…• 2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。 新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。 自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ…• いつもいじめられるばかりだった彼女に、ある日信じられないことが起きた。 「君のために最後にお祈りをしてあげよう、君の願いは何だい?」 死んでいった囚人を看病していたマリに訪れた奇跡。 「万能な人になりたいです」 その日からとても神秘的な夢を見始めることに。 完璧な侍女!最高の彫刻家!天才音楽家! 夢を通して夢の中の人物の能力を得て、何でも…• 2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。 新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。 自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ…• ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。 しかし全てのハンターが強者とは限らない。 人類最弱…• 前世でも双子だった二人は、とある事故で死んでしまったが、またもや双子として、しかも皇帝の子として転生したのだった。 しかし二人は母親のルラヘルと一緒に、捨てられた城で隠れて暮らしていた。 いくら皇帝の子であっても母親の身分が低いために…ルラヘルからは虐待を受け、メイドたちからは無視され、虐げられる日々。 そんなある日、…• 路地裏の孤児だったアデルは公爵に拾われ、娘の代役となった。 そして呪われていると噂される大公と、政略結婚をするために家を出た日… 私は公爵の手によって殺されたはずだった。 …なのに、目を開けたら三年前に戻ってる…!? 原作Nokki 作画AhBin 原題「양판소 주인공의 아내로 살아남기 」 毎週金曜日12時にピッコマで最新話が更新されています。 私、その小説の妃になってしまいました…• 大体のストーリーはわかりますが、どうしても正確でしっかりとした翻訳で読みたい方は、以下の翻訳は読まずに大人気独占配信中のピッコマでの掲載をお待ちください。 piccoma. ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。 しかし全てのハンターが強者とは限らない。 人類最弱…• 2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。 新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。 自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ…• 2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。 新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。 自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ…• 原作Nokki 作画AhBin 原題「양판소 주인공의 아내로 살아남기 」 毎週金曜日12時にピッコマで最新話が更新されています。 私、その小説の妃になってしまいました。 正しくは、主人公の手で殺される悪の脇役で、しかも金遣いの荒い悪妻! でも、子供…• ヤケ酒を飲み、泣きながら眠りについた楓が目を覚ますと、なんと公爵夫人になっていた。 しかし、楓が転生した公爵夫人は夫からも関心を持たれず、挙句の果てには使用人からもいじめられる始末。 楓はそんな生活から少しの間だけでも逃れるため、唯一の楽しみで…• 2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。 新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。 原作Nokki 作画AhBin 原題「양판소 주인공의 아내로 살아남기 」 毎週金曜日12時にピッコマで最新話が更新されています。 私、その小説の妃になってしまいました…• 2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。 新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。 自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ…• ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。 しかし全てのハンターが強者とは限らない。 人類最弱…• 大体のストーリーはわかりますが、どうしても正確でしっかりとした翻訳で読みたい方は、以下の翻訳は読まずに大人気独占配信中のピッコマでの掲載をお待ちください。 piccoma. ハンターはゲート内のダンジョンに潜むモンスターを倒し対価を得る人たちだ。 しかし全てのハンターが強者とは限らない。 人類最弱…• 2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。 新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。

次の

『ある日、お姫様になってしまった件について』

ある日私は冷血公爵の娘になった 翻訳

過去に期間限定公開していたショートショートの作品をまとめたものです。 ファンタジーのカテゴリーは当てになりません。 作品別でカテゴリー分けはしてあります。 手直しが終わり次第順次投稿。 気が付くと新しい作品が増えているかもしれません。 沢山の方に楽しんで頂けると嬉しいです。 リクエスト受け付けます! 目次 予定 恋愛 ・結末はバッドエンドでした! しかし、ある日のこと、ヴァイスの邸宅に教会の最高幹部である聖女三姉妹が訪れ、ヴァイスは第一級異端罪の容疑で連行されてしまう。 王宮地下牢で囚われの身となったヴァイスは、聖女三姉妹によって拷問を受け、罪を認めさせられた挙げ句、最後は『禁域の森』へと追放されてしまうのだった。 聖女と教会、および王国への復讐を誓ったヴァイスは、錬金術によって自身の手足となって働く新たな魔物を生み出そうと研究を始める。 しかし、研究はなかなかうまくいかず、ヴァイスは焦りを感じる日々を送っていた。 そんなある日、ヴァイスは実験で捨てた肉塊が他の肉塊と癒着し、同化していることに気づく。 なので対策を取ることにした。 いや駄目だろこの王太子。 いろんな意味でこの国の未来は暗い。 カテゴリは例のごとく悪役令嬢と婚約破棄がガイドラインに引っかかるのでファンタジーにしましたが、たぶんどの意味でも微妙。 けど恋愛でもないよなぁ。 悪役令嬢と婚約破棄の使い勝手の良さに頼りすぎてるとこどうにかしないと……と書いてた当時ちょっと思ったが今もたぶん出来ない。 厳しくなった分より真面目に考えなきゃならないんだろうけど。 あと「実娘」は正確には「じつじょう」と読みます、変換ミスしてそうなので先に言っときます。 字面の通り実の娘のことです。 ですが作中では単に「むすめ」と読んで下さい。 「義娘」もだけど全部にルビ振るべきだった? ただいま諸事情で出すべきか否か微妙なので棚上げしてたのとか自サイトの方に上げるべきかどうか悩んでたのとか大昔のとかを放出中です。 見直しもあまり出来ないのでいつも以上に誤字脱字等も多いです。 ご了承下さい。 後で消すかもしれない私信。 なんか母がアレなそうなので、しばらく完結にするのとか遅れるかもしれません。 大逆転の為の、冒険ファンタジー。 陸続きの国、ダリア。 その国の大貴族ーーーレストール公爵の令嬢・ソフィアは、聖女の力を持ちながらも、過去の出来事がきっかけで言葉を失っていた。 (この世界でいう聖女とは、大白魔法師であるということ)呪文を唱えることもできないため、聖女の役割を果たすことはできない。 長くゆっくり仕上げていきます。 他作品に浮気して更新まばらだったり急に更新続けたりします。 ゆっくりお付き合い頂ければ幸いです。 勤めていたブラック企業を勢いで辞め、三日。 風邪を拗らせて盛大にくしゃみをした瞬間、気づいたら真っ白な空間に立っていた主人公・勇谷 清明。 そこの支配人 ? 曰く、本当なら自分は今頃過労死している予定だったらしい。 期せずして強力な力を持ってしまった清明は、本来の流れで地球上では死んだことになる代わりに異世界に転生することとなった。 ……知らず知らずのうちに、勇者兼聖女の使命を受けて。 これはチート性能を持つ元・平凡な女性が異世界で役目をこなしつつ、割りと自由を謳歌する話……であり、生涯を掛けてストーカーから逃げ続ける話。 たぶん第3~4章中になる予定。 質問には、(ネタバレにならない範囲で)お答えします。

次の

ピッコマで、マンガもノベルも楽しめる作品3選 人気WEBTOON「彼女が公爵邸に行った理由」ノベル版が6/26〜待望の配信スタート!

ある日私は冷血公爵の娘になった 翻訳

ある日、私は冷血公爵の娘になった 56話ネタバレ 【あらすじ より抜粋】 娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。 2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系のでした。 新しく「テル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なテル。 自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいテルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ! 「うん あのねエメル。 」 エメルをベランダに呼び出したテル。 「私をのこと命をかけて守ってくれるって約束したでしょ?私は今でもそのことば信じてるよ。 」と話すテル。 「・・・!」 「パパはいろんな危険から私を守ろうとしてくれる。 へやの宝物のようにね。 でもわたしはそんなのイヤ。 もっといろいろ外の事が知りたい。 だからこれからわたしに危険がつきまとうかもしれない。 」と言う。 「その危険からお守りするtがめに僕がいるのです。 」と言うエメル。 「だったらずっとそばにいて?私にはエメルが必要なの。 エメルも言っていたじゃない。 生きのびることだけを考えて・・・そうすれば助けにきてくれるって。 だからずっと待っていられたの。 エメルがそう言ってくれたから待って居られたんだよ。 ありがとうエメル。 」 と微笑むテル。 エメルは、「お嬢様は本当に・・・。 」と呟きため息をつくと、テルの前で跪いた。 「申し訳ありませんでした。 大人げないところをお見せしてしまいました。 勝手に拗ねて勝手に失望して、自分自身が許せなくてどうしようもなくなったり、お嬢様の一言一言に一喜一憂したり・・・。 幼稚でした。 」 と話すエメル。 「ううん。 そんなことない。 」「気にしないでエメル。 」 「ちょっぴり怒っていたのは本当だけど、エメルの手かんじゃったしそれでおあいこ、ね?」 エメルはテルの手をとりながら「お嬢様が私を必要とされるのでしたらー。 」と話す。 「ううん。 私にはテルが必要。 」 「ならばこの身いつまでもお嬢様のそばに。 」と言いながら、手の甲に唇を落とす。 テルは照れながら、「エメル・・・女の子にモテルでしょ?」 「さあ~。 」とにこにこしながら言う彼。 「あ そうだ!手は大丈夫?」 「あ・・・。 」「治るには治ったのですが・・・。 」気まずい様子のエメル。 「?」「じゃあちょっと見せて。 」 「・・・!」傷を見て驚くテルであった。 アンの部屋は屋根裏部屋で過ごすことになった。 日当たりが一番いい部屋である。 「アン。 」 「はい、お・・・お嬢様。 」 テルはアンの所へ行き、「傷跡をなくす薬はないとかってある?」と尋ねる。 「どこかお怪我でも?」と焦るアン。 「私じゃないの。 」と話すテル。 「傷跡を薄くする薬ならあります。 もそういう薬を売っていました。 」 「ありがとう!材料は私がよういするから。 」と笑顔で言うテル。 そして、材料はテルが用意し、あとはアンに作ってもらうことになった。 その夜、アンからもらった材料のリストを確認するテル。 彼女の肩に乗るエンドは、「傷跡が残りなんて肉体を持つとやっかいなもんだね~。 」と言う。 アルファは、「私が材料をとってきてやろうか。 」 と聞くが、「代償とかあるの・・・?」不安そうなテル。 エンドは、「警戒しなくっていいって。 代償ってのは僕らが現身となったときに支払われるものだからね。 」と話す。 「例えば豪炎で燃やし尽くしたり、洪水で全てを飲み込んだり、土砂降りや雷を起こし、を起こしたり嵐を発生させたり。 アルファは、 「精霊の持つ本来の能力と違うことをすると倍の力が必要になる。 たとえば水の能力をもつ私を治癒に使った時のように」と話す。 「それはおすすめはしない。 いっそ洪水を起こしたほうがマシだ。 」と言う。 「材料を手に入れてくることは大丈夫なの?」と聞くと、「ああ、お前の力を使うまでもないからな。 」とのこと。 「よかった、じゃあよろしくね。 アルファ!」と言い、リストを差し出す。 するとアルファは前足で受け取り、その場で消えた。 「じゃあさ、レンはなにをしちゃったの?」 残ったエンドにテルが聞くと、エンドはニッと笑いながら 「教えない。 」と言い、はぐらかすのであった。 「ある日、私は冷血公爵の娘になった」・・・57話ネタバレに続く hukusinoko.

次の