ふきのとう 白い 冬。 ふきのとう|アルバム

ふきのとう|アルバム

ふきのとう 白い 冬

||||||| ふきのとうのアルバムは嬉しいことに一部を除いてCDにて入手出来るものが多いです。 21 01. 帰り道 02. ひとりぼっちで 03. 雨降り 04. 夕暮れの街 05. 夏の人 06. プラットホーム 07. 涙色の町 08. 一人暮し 09. バイバイスーザン 10. 螢 11. 花火 12. ロマン 13. 白い冬 ふたり乗りの電車 01. 散歩道 02. 冬の雨 03. 乾いた秋 04. 小さな昔 05. 夜行列車 06. 濡れたコートに濡れた雨傘 07. 田舎町 08. 蝉 09. 南風の頃 10. 静かな夜に 11. 雪どけ水 12. 5月 May Song 13. 初夏 風待茶房 01. やさしさとして想い出として 02. 街はひたすら 03. 作品A 04. 君は人形 05. 夢の生活 06. みぞれの朝 07. 遥かなる海の星達 08. 君によせて 09. 小春日和 10. 風の船 海よりも深く… 11. 運命河 12. 朝もやの中 歳時記 01. 虹を翔る石鹸玉 02. 南風の頃 03. 5月 メイ・ソング 04. 朝もやの中で 05. 蛍 インストゥルメンタル 06. 蝉 07. 君に寄せて 08. 初夏 09. 静かな夜に 10. 運命河 11. プラットホーム 12. 冬将軍 インストゥルメンタル 13. 白い冬 14. メリー・クリスマス 15. 帰り道 水車 01. 雪の町へ 02. さようならの言葉 03. 雨ふり道玄坂 04. 哀歌 05. 美しく燃えて 06. 恋唄 07. 昨日故郷へ帰る夢を見た 08. おやすみ Good Night 09. 雪舞 10. 水車 風来坊 01. 水色の木もれ陽 02. 五色のテープ 03. 白い霧 04. レクイエム 05. 冬の朝 06. 銀杏の木 07. それぞれの幸せ灯る頃 08. 雨はやさしいオルゴール 09. Bye Bye Bye 10. Uncleあるちゅうの唄 11. 夜 12. 風来坊 思い出通り雨 01. 影法師 02. サヨナラと口笛 03. 初恋 04. 君をいつまでも忘れない 05. ここは沖縄 06. 思い出通り雨 07. 空を飛ぶ鳥 08. 或る朝… 09. 月光 10. 哀しきゴンドラ ベスト Vol. 白い冬 02. 夕暮れの街 03. 南風の頃 04. 雪どけ水 05. 初夏 06. 散歩道 07. 街はひたすら 08. 眠る君のそばで 09. 風の船 海よりも深く… 10. 君は人形 11. 雨ふり道玄坂 12. おやすみ Good Night 人生・春・横断 01. OPENING 02. 春雷 03. 赤い傘 04. まるで気まぐれ秋の風 05. ほととぎす 07. 柿の実色した水曜日 08. おまえと生きる 09. 風を見ていた安兵衛 10. 沫雪 11. 青空 12. CLOSING ベスト Vol. 美しく燃えて 02. 哀歌 03. 風来坊 04. 僕… 05. 流星ワルツ 604. 夜 07. 影法師 08. 激しい雨 09. 思い出通り雨 10. 初恋 11. 春雷 12. 春雷 02. 風の船 海よりも深く… 03. 思い出通り雨 04. 柿の実色した水曜日 05. 赤い傘 06. 沫雪 07. 水色の木もれ陽 08. 風を見ていた安兵衛 09. 風来坊 10. 白い冬 11. 街はひたすら 12. ほととぎす 13. 初恋 14. おまえと生きる 15. 運命河 16. 雪どけ水 17. 小春日和 02. 5月 May Song 03. Simple Song 04. 南風の頃 05. やさしさとして想い出として 06. 恋人たちのメロディー 07. ちょうちょ 08. 枯葉のメロディー 09. 成人式 10. 汽車 D. ダルセーニョ 01. 羊飼いの恋 02. パレード 03. 浮雲 04. 静寂 05. メロディー 06. 達磨オヤジの唄 07. 微笑み 08. 今宵三日月春の暮 09. サヨナラ 10. 雨々降れよしめやかに SKETCH 01. 雨に濡れて 02. コスモスの花 03. 流れゆく河のほとりで 04. ふる里に帰ったら 05. 時代の重さ 06. 君の好きな暑い夏 07. 忍びよる秋に 08. ひとりの冬なら来るな 09. 冬景色 10. 白い帆を上げて 01. 12月の雨 02. あいつが唄ったYESTERDAY 03. 奴凧 04. 案山子と人と鳥 05. もう帰れない 06. Mon amour rendez-vous 07. 自転車ラプソディー 08. 枯葉 09. 紫陽花 10. もの憂げな10月 11. 一人ぼっち 12. 朝もやの中 02. メロディー 03. 南風の頃 04. 君によせて 05. 影法師 06. 朝もやの中 07. コスモスの花 08. 12月の雨 09. あいつが唄ったYESTERDAY 10. Uncleあるちゅうの唄 11. Mon amour rendez-vous 12. 自転車ラプソディーII 13. めんどり・ぶるうす 14. プラットホーム 15. 君をいつまでも忘れない 16. 夕暮れの街 17. 初恋 18. 山のロープウェイ 19. 忍びよる秋に 20. YABO ———- 01. 涙のらぶれたあ 02. 五月雨 03. 微笑み 04. 雪の町へ 05. 濡れたコートに濡れた雨傘 06. 哀しきゴンドラ 07. 柿の実色した水曜日 08. 田舎町 09. 昨日故郷へ帰る夢を見た 10. パレード 11. 静寂 しじま 12. ひとりの冬なら来るな 13. 一人ぼっち 14. 白い冬 15. やさしさとして想い出として 16. 流星ワルツ 17. 風来坊 18. 冬銀河 19. 春雷 20. 5月 May Song 北極星 01. 6時のサイレン 02. ふる里に春が来た 03. もう春なんだなあ 04. この道歩いて 05. 風薫る五月 06. 恋心 07. 走馬燈 08. 夕焼けの翼 09. 星は天から大地 10. セピア色のOld Time Song ベスト Vol. 3 01. 柿の実色した水曜日 02. 青空 03. やさしさとして想い出として 04. Simple Song 05. 冬銀河 06. 成人式 01. 柿の実色した水曜日 02. 青空 03. やさしさとして想い出として 04. Simple Song 05. 冬銀河 06. 成人式 星空のぺージョント 01. 星空のページェント 02. 木の葉が風に 03. 忘れじの春 04. トワイライト 05. 汽車は夕陽を 06. タイム・ゴーズ・バイ 07. おれんぢぺこ 08. ガス燈 09. 忘れたくないよ 10. ココナッツ・ムーン LIVE 緑輝く日々 01. 緑輝く日々 02. 星空のページェント 03. Simple Song 04. SAN NA NA 05. 雨上がりの午後 06. 微笑み 07. 昨日故郷へ帰る夢を見た 08. 五色のテープ 09. 紫陽花 10. ココナッツ・ムーン 11. ガス燈 12. Time goes by ———- 01. 何故愛は… 02. 恋人のように 03. 五月雨 04. 静寂 05. 雪どけ水 06. 春雷 07. 緑輝く日々 08. やさしさとして想い出として 09. 春の雨 10. 山のロープウェイ 11. 南風の頃 ベスト Vol. 4 01. 雨に濡れて 02. 流れてゆく河のほとりで 03. 12月の雨 04. 枯葉 05. YABO 06. 五月雨 07. 銀色の世界 08. 高き空・遠き夢 09. 季節の夕暮れ 10. 北窓をあけて 11. 星空のページェント 12. ガス燈 金色の森・銀色の風 01. 鈍色の空 02. 愁い 03. Sentimental Boy 04. 少女へ 05. ステーション 06. 冬の華 07. Wedding Bell Holy Night 08. タイムトラベル 09. 秋の接吻 10. 眠れないジェラシー Heartstrings 01. チーク・トゥ・チーク 02. サンキュー,マイ・フレンズ 04. デイジー 05. 美しい町 06. 夏が逝く 07. ヴィジョン・オブ・ドリームス 08. アメリカ帰りのジェントルマン 09. 僕でいいなら 10. ストリングスが心地よいです。 やさしさとして想い出として 02. 初恋 03. 冬銀河 04. 夕暮れの街 05. プラットホーム 06. タイム・ゴーズ・バイ 07. 青空 08. もう帰れない 09. ラヴ・ソング 10. 僕でいいなら 11. ステーション 12. 五月雨 13. 空を飛ぶ鳥 14. 一人ぽっち 15. 流れゆく河のほとりで 16. 山のロープウェイ ever lastコンサート 01. 白い冬 02. 夕暮れの街 03. 12月の雨 04. 風来坊 05. 柿の実色した水曜日 06. 初恋 07. 雨ふり道玄坂 08. 五月雨 09. ひとりの冬なら来るな 10. 星は天から大地 11. 微笑み 12. 春雷 13. やさしさとして想い出として 14. 「ここは沖縄」も収録されています。 歌詞カードの曲解説も興味深いです。 白い冬 02. 夕暮れの街 03. 南風の頃 04. 雪どけ水 05. 初夏 06. 散歩道 07. 街はひたすら 08. 眠る君のそばで 09. 風の船 海よりも深く… 10. 君は人形 11. 雨ふり道玄坂 12. おやすみ Good Night 13. 美しく燃えて 14. 哀歌 ———- 01. 風来坊 02. 僕… 03. 流星ワルツ 04. 夜 05. 影法師 06. 激しい雨 07. ここは,沖縄 08. 五色のテープ 09. 思い出通り雨 10. 初恋 11. 春雷 12. ば~じにあ・すりむ 13. 柿の実色した水曜日 14. 青空 15. やさしさとして想い出として 16. 同時期に発売されたソロのシングルも 収録されています。 冬銀河 02. 成人式 03. ひとりの君へ 04. ミスター・グッドバーを探して 05. 旅鴉の唄 06. 懐かしき人よ 07. メロディー 08. 静寂 しじま 09. 待ちわび通り 10. 家路 11. 涙のらぶれたあ 12. LOVE SONG 13. ジャマイカの風 14. サヨナラの時は北風の中で 15. ひとりの冬なら来るな 16. 吹き過ぎる風ばかり 17. 雨に濡れて 18. 流れゆく河のほとりで ———- 01. 12月の雨 02. 枯葉 03. YABO 04. 五月雨 さみだれ 05. 銀色の世界 06. 高き空・遠き夢 07. 季節の夕暮れ 08. 北窓をあけて 09. 星空のページェント 10. ガス燈 11. ココナッツ・ムーン 12. 木の葉が風に 13. 何故 愛は… 14. 緑輝く日々 15. 曲順と選曲が面白いです。 もちろん良い曲ばっかりなのですが 少し、マニアックな気がするのは僕だけでしょうか? 01. レクイエム8・27 02. タイム・ゴーズ・バイ 03. 南風の頃 04. ラヴ・ソング 05. ふる里に帰ったら 06. 春雷 07. 赤い傘 08. 眠れないジェラシー 09. 紫陽花 10. 初恋 11. シンプル・ソング 12. 花火 13. 君の好きな暑い夏 14. メロディー 15. 山のロープウェイ 16. 流れゆく河のほとりで 17. 星は天から大地 ———- 01. 夕暮れの街 02. 思い出通り雨 03. やさしさとして想い出として 04. 風来坊 05. もの憂げな10月 06. ガス燈 07. 水車 08. 鈍色の空 09. 静寂 しじま 10. 恋心 11. 夜 12. ステーション 13. 白い冬 14. 雪どけ水 15. 浮雲 16. サヨナラ 17. ただCDサイズなので文字が小さいかな?初期のふきのとうの暖かさを感じられる素敵なライブアルバムだと思います! 01. 春雷 02. 風の船 海よりも深く… 03. 思い出通り雨 04. 柿の実色した水曜日 05. 赤い傘 06. 沫雪 07. 水色の木もれ陽 08. 風を見ていた安兵衛 09. 風来坊 10. 恋人たちのメロディー 11. ちょうちょ 12. 枯葉のメロディー 13. 成人式 14. 汽車 ———- 01. 白い冬 02. 街はひたすら 03. ほととぎす 04. 初恋 05. おまえと生きる 06. 運命河 07. 雪どけ水 08. 水車 09. 小春日和 10. 5月 May Song 11. Simple Song 12. 南風の頃 13. やさしさとして想い出として ———- 01. ここは,沖縄 02. 五色のテープ 03. ひとりの君へ 04. ミスター・グッドバーを探して 05. 旅鴉の唄 06. 懐かしき人よ 07. 待ちわび通り 08. 家路 09. ジャマイカの風 10. サヨナラの時は北風の中で 11. ココナッツ・ムーン 12. 木の葉が風に 13. 何故愛は… 14. 緑輝く日 ふきのとう GIFT BOX 2006. 10 01. 春雷 02. 南風の頃 03. 5月 May Song 04. 涙のらぶれたあ 05. 朝もやの中で 06. 五月雨 07. 北窓をあけて 08. 哀歌 09. さようならの言葉 10. 雨に濡れて 11. 哀しきゴンドラ 12. 赤い傘 13. 昨日故郷へ帰る夢を見た 14. 五色のテープ 15. 今宵 三日月 春の暮 16. もう春なんだなあ 17. 水車 18. 影法師 02. 初夏 03. 風の船(海よりも深く…) 04. 初恋 05. 夏の人 06. 濡れたコートに濡れた雨傘 07. ここは、沖縄 08. 思い出通り雨 09. メロディー 10. 水色の木もれ陽 11. 君に寄せて 12. 月光 13. 山のロープウェイ 14. 星空のページェント 15. 紫陽花 16. 何故 愛は… 17. 緑輝く日々 18. 輝く朝に~ABRAXAS~ 19. やさしさとして想い出として 02. 夕暮れの街 03. 街はひたすら 04. 柿の実色した水曜日 05. 青空 06. まるで気まぐれ秋の風 07. 運命河 08. ば~じにあ・すりむ 09. 美しく燃えて 10. 流れゆく河のほとりで 11. 激しい雨 12. 夕焼けの翼 13. 銀色の世界 14. 季節の夕暮れ 15. ココナッツ・ムーン 16. 木の葉が風に 17. Time goes by 18. 白い冬 02. 雪どけ水 03. 雨ふり道玄坂 04. 風来坊 05. 流星ワルツ 06. 夜 07. 沫雪 08. 小春日和 09. 冬銀河 10. 成人式 トークなし 11. 静寂 しじま 12. ひとりの冬なら来るな 13. 12月の雨 14. YABO 15. 雪の町へ 16. 奴凧 17. 微笑み 18. 眠れないジェラシー 19. 19 01. 白い冬 02. 南風の頃 03. 初夏 04. 街はひたすら 05. 風の船(海よりも深く…) 06. 雨ふり道玄坂 07. 美しく燃えて 08. 風来坊 09. 流星ワルツ 10. 影法師 11. ここは、沖縄 12. 思い出通り雨 13. 春雷 14. 柿の実色した水曜日 15. やさしさとして想い出として 16. 冬銀河 ———- 01. メロディー 02. 涙のらぶれたあ 03. ひとりの冬なら来るな 04. 雨に濡れて 05. 12月の雨 06. YABO 07. 銀色の世界 08. 季節の夕暮れ 09. 星空のページェント 10. ココナッツ・ムーン 11. 何故 愛は… 12. 輝く朝に~ABRAXAS~ 13. ひとりの君へ… 14. 旅鴉の唄 15. 待ちわび通り 16.

次の

ふきのとう|アルバム

ふきのとう 白い 冬

メンバー [ ] 人名 生年月日 出身地 (やまき やすよ) 1950-10-22 (69歳) (ほそつぼ もとよし) 1952-10-26 (67歳) 来歴 [ ]• 、にてとと他二名で、マッド・スライド・スリムを結成。 その後、山木康世と細坪基佳の二人でふきのとうの前身である、メロディーを結成。 系列「」アマチュア・フォークコンテスト札幌地区予選に出場するが、一次予選落ちした。 その後、のテレビ番組に ふきのとうに改名して出演した。 、に多数出場し、北海道大会にて「帰り道」で優秀グループ賞、また、『』で準優勝した経験がある。 、「」でデビュー。 以後「」「」「」などがヒット。 ふきのとうの楽曲は、 記録よりも記憶に残るという意味のヒット曲が多いのが特徴である。 [ ]• 、ふきのとうのプライベートレーベル「 Silverland」(シルバーランド)を設立。 その第1弾として、同年のにシングル「」とアルバム『』を発売した。 この頃から、二人は相次いでソロアルバムを発表。 ともに2枚ずつ制作している。 、にて、「ふきのとうデビュー10周年記念コンサート」を行う。 予約の定員を遥かに上回る4万通の応募があった。 、ふきのとう最初で最後のコンサート「緑輝く日々」を行い、1万人を動員する。 この頃から、山木と細坪の間には亀裂が入り始める。 背景には、楽曲・歌唱力双方で力をつけてきた細坪と、「あくまで自分の曲を細坪が歌うことがふきのとうのスタイルである」とこだわった山木との考えの違いが大きくなっていったということがあった。 、にで行われたコンサートツアー『ever last concert』を最後に、18年間続いたグループを解散。 ステージに登場した二人はまず、互いにがっちり手を握り合い、曲を次々に披露。 は2回を超えて、山木が「 のおじさんがいいって言ったから」と、コンサートは夜10時を過ぎても終わらなかった。 解散後、ふきのとうにとってのメモリアルイヤーなども含め、現在まで一度も再結成をしていない。 これに対して細坪は「お互いにやり残したことがまだある。 だから再結成はまだない。 」と話しており 、山木も、「ないだろうなあ。 もしやるとしたら、現役引退の最後の最後でしょう。 」と語っている。 音楽性 [ ]• 二人ともに・をしリードをとるが、シングルでは山木が制作した歌を細坪がメインに歌い、山木が6度下のハーモニーを重ねるという独特なパターンが主で、 後述のように、山木はこのパターンこそがふきのとうであると考えていた。 [ ]• 細坪は、やを表現するのにや、の音色を最大限に活用して「ふきのとう」ではできなかった細坪ワールドの奥行きを示し、山木は「ふきのとう」でできないことは「自分の楽曲の原点を示すこと」と考え、に頼らずに、で感じる空気、友やへの想いを飾らずに音でスケッチして見せた。 [ ]• 全国ツアーをコンスタントに続け、には年間250本のコンサートを行った。 また、で特に人気が高く 、同じくには沖縄限定シングル「」を発売している。 1 3rd THE BEST ふきのとう ベスト Vol. 3 5th THE BEST ふきのとう ベスト Vol. 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

フキ

ふきのとう 白い 冬

名称 [ ] 和名 フキのについては諸説あり詳細ははっきりしていないが 、一説には葉が柔らかく、紙の代わりに排便後の尻ふきに利用されたことから「拭き」から転じたとも言われている。 また、冬に黄花を咲かせるため「冬黄(ふゆき)」の中略とする説もある。 フキの若い花芽は、としてよく知られている フキノトウ(蕗の薹)である。 日本のでフキノトウを、西部のでは「ばっけ」、では「ばっけ」「ばんけ」「ばっきゃ」、のでは「ばんけ」、は「マカヨ」という。 また、アイヌ語でフキは「コロコニ」または「コルコニ」と発音する。 では Giant butterbur 、ではと書き 、中国植物名では蜂闘菜(ほうとうさい)ともよばれている。 は、「公正な裁き」 「待望」 「愛嬌」 「真実は一つ」 「仲間」 などである。 分布・生育地 [ ] 原産で 、、、、及びに分布し 、北はからやでも見られる。 や、のやなど、やや湿ったところに自生し 、山では沢や斜面、のや川岸、林の際などで多く見られる。 郊外でも河川の土手や用水路の周辺に見られ、水が豊富で風があまり強くない土地を好み繁殖する。 自生のほか、も行われている。 からにかけては、変種のがある。 近年は山野に自生する数が減少しつつある。 でフキが群生している光景は自生では無く、人間の手によって管理されていることがある。 形態・生態 [ ] で。 は短く 、は地上には伸びず、地中でとなり横に長く這って伸びて増殖する。 地下茎が地表に剥き出しになるとのため緑色に変色する。 このため、と間違われて誤食される例があるが、地下茎は有毒のため注意が必要である。 花期は早春の3 - 5月頃で 、葉が地表に出ないうちに(花穂)が伸び出し、これを「蕗の薹」(フキノトウ)と呼んでいる。 フキノトウは株が異なるで、状ので包まれており、茎先に散房状に密についた多数のがある。 頭花はだけでできているで、花径は5 - 10 mm 、のように見えるものはなく 、毛状の突起を持つ。 雄株のはをつけるので、花色はやや黄色味がかった白色で 、花茎は20 cmほどで生長が止まり、花が終わると褐色になって枯れてしまう。 一方、雌株のは花色が白っぽく 、後は花茎を高さ40 - 70 cm ほどまで伸ばして、のような白い綿毛()をつけた(種子)を風に乗せて飛ばす。 果実はで、長さ2 mmほどの細い円柱形で毛はなく、痩果の3倍ほどの長さを持つ冠毛がつく。 花が終わると、花茎とは別に、地下茎から地表にを出して 、の高さは30 - 80 cmほどになり 、先に大葉をつける。 葉の形は円の一部が切れたハート形や腎臓形をしていて薄く、幅は15 - 30 cmあり、ツヤはなく、灰白色の綿毛が密生している。 フキの葉は、降り注ぐ雨水を効率よく受け取るために、全体が皿状にくぼみ、葉の切れ込みから茎を伝って根元に集めるようになっている。 フキノトウの綿毛と種(拡大) 品種 [ ] 近縁種はに広く分布し、として利用される。 また、作用が報告されているもある。 なお、現在、栽培種として市場に出回っている多くのフキはというであり 、が生産量日本一である。 以北には、葉の径が1. 5 m と巨大で、高さ2 m ほどにも伸びる(秋田蕗)があり 、全国的にも有名である。 こうした、巨大な蕗はによるものである。 特に寒冷地ではで大繁殖する。 が食べないので畜産農家からは嫌われている。 アキタブキのうち 、北海道・の(らわんがわ)に沿って自生するラワンブキは高さ2 - 3 mに達し、に指定されている。 市場に野菜として出回るものは栽培品種が多い。 主な品種としては、愛知早生やがある。 栽培種は一般的に、苦みが少なく調理し易い。 水フキはや南部などでは「タニフタギ」とも呼ばれる。 なお、秋田フキにも自生ではなく農家で栽培されて市場に出荷されるものもある。 利用 [ ] 山菜としてのフキ [ ] ペタサイトジャポニカス、日本の農業百科事典の図(1804) 独特の香りがあるふきのとうや葉柄、葉を食用とする。 ただし、 が強い(Petasitenine、別名フキノトキシン) などのが含まれているため、抜きをする必要がある。 は春とされ、冬から春の体へ体調を整える野菜としても知られる。 葉やふきのとうには、、・、、、などの栄養素が含まれる。 も多く含まれていて、腸の働きを活発にして、に役立つ食材でもある。 野生のフキは、栽培されているのものよりも苦味が強く、小ぶりである。 ふきのとう(蕗の薹) の状態で採取され、新鮮なものはほろ苦い味と、特有の香りが好まれている。 や熱湯で軽く茹でて水にさらししてから、、ふきのとう味噌に調理して食べられる。 一般的には花が咲いた状態のふきのとうを食べることは避けられるが、細かく刻んで油味噌に絡める「ふきのとう味噌」などには利用可能。 花は独特の清涼感がある。 伸びたフキノトウも葉や花を取り除き、茎の部分を軽くしたものを肉や刻んだ、などと一緒に煮付けても美味しい。 フキの葉柄よりも柔らかく筋もあまり気にならないので、茹でた後でも硬ければ茎の皮を剥ぐ程度で良い。 葉柄 やなどを入れた熱湯で(アク)を抜いてやなどにするか、生のまま塩や塩糠に漬け込んで保存し、調理前に煮てから流水で塩抜きしてから同様にやにする。 油揚げで包んでの具材にしてもおいしく食べられる。 また、とで濃く味付したは「 きゃらぶき」(伽羅蕗)といい、これも・常備菜となる。 繊維質やミネラルが豊富で、昔は冬の野菜不足を補う一般的な山菜であった。 現在はスーパーマーケットなどでも水煮のパックが年中販売されている。 秋田フキなどの大型のフキは茎の中の空洞も大きいので、や細切りにしたなどを好みで詰めものをして煮付けても良い。 上記のほか、葉も茹でたものを流水に半日ほどさらしてアクを抜き、細かく刻んで佃煮にするなどして食用になる。 渓流釣りなどで、釣った魚を野生のフキの葉で包んで丸焼きにする調理法にはフキの毒消しの効果もあり、などの魚とフキを一緒に炊き合わせる料理には、魚の毒を消す目的の意味も込められている。 ふきのとう味噌 薬用 [ ] 薬用植物でもあり、夏から秋にかけて掘り出して天日乾燥した根茎は、漢名でもある 蜂闘菜(ほうとうさい)と称してになる。 花であるフキノトウも用いられ、生薬としてのうちに採取後に天日乾燥または陰干しにして調製する。 かつては、フキノトウの生薬名として漢名の疑冬(かんとう)またを款冬花(かんとうか)と当てていたが、これはののことであり誤りである。 フキには昔からを切り、を鎮める作用があることが知られており、呼吸器系の機能を円滑にして、のを鎮めて、粘液の分泌を促す働きがある。 フキノトウには、食欲増進効果がある苦味質や成分を含み、消化を助ける働きをする。 精油には、淡きり、咳止めの効果があると言われている。 葉には苦味、、、などを含んでおり、同様の薬効があるとされる。 根茎(蜂闘菜)は、患部に熱を持つのどの腫れや痛みに効果があるとされ、1日量5を600 の水で煎じて3回に分けて服用するほか、うがい薬代わりに煎液でうがいする方法が知られている。 乾燥したフキノトウまたは葉は、で止め、、、、食欲増進に、1日量5 - 20グラムほどを、水300 - 600 ccで半量になるまで煎じ、3回に分けて食前に服用する用法が知られている。 また、生の茎葉のしぼり汁には魚の中毒の解毒効果があるといわれ、虫刺されに汁をつけるとよいとされる。 和紙 [ ] 北海道の旧地区では、アキタブキから漉いたを「富貴(ふき)紙」と命名して商品化している。 その他 [ ] 「蕗の薹」や「蕗の芽」「蕗の花」は春の、「旬の蕗」「蕗の葉」「伽羅蕗」「秋田蕗」は夏の季語となる。 アンゼリカ クリスタル・アンゼリカとしてを飾るはのハーブだが、コピー食品としてフキの砂糖煮が市販されている。 ギャラリー [ ]• 2014年6月2日閲覧。 362. 109. 108. 111. 100. 208. , p. , p. 東海市. 2014年3月1日閲覧。 [ ]『』2011年6月28日地方版• 「」または「」参照。 142. 143. 209. , p. 145. 釧路市(2020年5月24日閲覧) 参考文献 [ ]• 『 ワイド判 散歩が楽しくなる 雑草手帳』、2018年5月22日、108 - 109頁。 大嶋敏昭監修『花色でひける山野草・高山植物』〈ポケット図鑑〉、2002年5月20日、362 - 363頁。 貝津好孝『日本の薬草』〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、111頁。 小池すみこ 『体に効く野菜』 、1998年4月23日、142 - 145頁。 近田文弘監修 亀田龍吉・有沢重雄著『花と葉で見わける野草』小学館、2010年4月10日、20頁。 主婦と生活社編『野山で見つける草花ガイド』、2007年5月1日、60頁。 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文『 増補改訂 草木の 種子と果実』〈ネイチャーウォッチングガイドブック〉、2018年9月20日、42頁。 田中修『雑草のはなし』〈中公新書〉、2007年3月25日。 田中孝治『 効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』〈ベストライフ〉、1995年2月15日、208 - 209頁。 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、、1996年9月27日、100頁。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ( P. hybridus) - フキの仲間。 では薬草として用いられている。 外部リンク [ ]• (附属図書館)• (The Plant List) (英語).

次の