アブシンベル神殿 破壊。 エジプト旅行 アブシンベル神殿: どこへ行こうかなのブログ

エジプト現代史に深く関わる、アスワン・ハイダム|海外旅行情報 エイビーロード

アブシンベル神殿 破壊

アスワンではロバも立派な交通機関 アスワンハイダム完成記念塔 20世紀初頭のイギリス統治下に、ナイルの氾濫の防止と灌漑の目的で、 アスワンダムが造られましたが、目的を達することはできませんでした。 1972年にそのすぐ上流に アスワンハイダムが建設され、水力発電によりエジプトのエネルギー事情はよくなったものの、背後に奥行きが500km以上に及ぶナセル湖が出現したことは気候の変化をもたらし、遺跡の保存には悪影響を及ぼしているとのことです。 私が訪れた当時は湾岸戦争の直後で、クエート側にたったエジプトに対して、イラクからアスワンハイダムを破壊するとの脅しがあり、警戒のためダム周辺は撮影禁止の措置がとられていました。 アスワンは花崗岩の産地です。 市街地からほど近い古代の石切場には、途中でクラックが入ったため放置された、 切りかけのオベリスクが残されています。 アブ・シンベル神殿 アスワンからナセル湖畔を南西へ300kmのところに アブ・シンベル神殿があります。 ラムセス2世により紀元前1250年に建造されたもので、ヌビア人に対する権威と畏怖の念を抱かせるために建造されたといわれています。 砂岩の岩山をくりぬいて造った 岩窟神殿で、1831年にスイス人によって発見され、砂に埋もれた神殿の発掘には1909年までかかったそうです。 アスワンハイダムの建設によりこの神殿が水没する危機にみわれたとき、 ユネスコによる遺跡の救済キャンペーンが行われました。 世界から集まった資金をもとに、小さなブロックに切り分けられて、62m高い位置への移設工事が行われました。 アブシンベル大神殿の内部の壁画に見る古代の神々 王女ネフェルタリの小神殿 いずれの神殿も、中央の入口から中にはいると、王家の谷の王墓と同様にいくつもの部屋に分かれ、鮮やかな壁画が当時の繁栄を現代に伝えています。 アブ・シンベル大神殿は、カイロから南へ1200km以上、数十km行くと、そこはもう隣国スーダンとの国境です。 旅のヒント 私がエジプトに行ったのはもう10年以上も前のことです。 でも、最初にも書きましたがエジプト5000年の歴史から見ればわずか0. エジプトは、日本人が観光で入国する場合でもビザが必要です。 でも、高い手数料を払って旅行会社にビザ取得の代行を申し込んだり、時間をさいて日本にあるエジプトアラブ共和国大使館に行かなくても、入国審査の場で切手を買うような調子でその場でビザの発行が受けられます。 博物館や遺跡によって、カメラやビデオカメラの持ち込みに制限があります。 私が行った当時は、カイロのエジプト考古学博物館は、当時のレートでカメラの持ち込み料が400円、ビデオカメラはその10倍でした。 ピラミッドはカメラのみ可。 王家の谷の王墓内は、当時は全て撮影不可でしたが、今ではカメラ持ち込み料を払えば可能なようです。 アブシンベル神殿はいずれも可、とそれぞれの場所で対応はバラバラです。 また、いずれの場合もフラッシュは不可、ひどく怒られますから高感度フィルムを用意しましょう。 屋外の遺跡の撮影は自由ですが、軍事施設の関係でしょうか空港などは撮影禁止でした。 エジプトを旅行するときは、乾燥と暑さ対策には十分に気を付けましょう。 ベストシーズンは冬ですが、カイロは寒いこともあるそうです。 また、アブ・シンベル大神殿はライトアップした写真を掲載していますが、予定では昼間に見学することになっていました。 飛行機の時間が遅れたため、当日の夕食は11時近くになってしまいました。 カイロには日本料理屋中華料理もありますが、エジプト料理は日本人にの口には合わないものが多いように感じました。 エジプトでは予定通りには動けないことが多く、身体のリズムを保つのが大変です。 でも、ピラミッドや王家の谷など、エジプトの遺跡はすばらしく、また、カイロの夜のナイル川ディナークルーズ船の上で行われる妖艶なベリーダンスなど、魅力がいっぱいです。 ぜひ若くて体力のあるうちに訪問されることをお勧めします。 次回のエジプト訪問時には、地中海の海中からクレオパトラの神殿跡が発見されたアレキサンドリアへ、カイロから列車の旅に出かけたいと思っています。 当時と違って今では、どこにいてもインターネットで最新の情報が入手でき、またネット経由で予約までもできる時代です。 下記のお役に立つリンク集でそれぞれ詳細をご覧下さい。 お役に立つリンク集 これからお出かけになる方や鉄道ファンの方に役立ちそうなリンクをそろえました• (日本語) 観光情報が充実しています。 エジプトに行くときはまずここを見ましょう• (英語) エジプト政府観光局オフィシャルサイト 情報が充実しています• (英語) 成田と間腔からカイロへ直行便• (日本語) ルクソールの情報が詳しい• (日本語) ご存じ 吉村作治教授の研究室のホームページです• (英語) ロンドンの大英博物館エジプトコレクション• (英語) カイロからエジプト各地への列車時刻があります• (英語) エジプト各地へ列車の旅のガイド 列車や車内の写真も• (日本語) エジプト専門の日本の旅行会社 情報が充実 の手配もお勧めはしませんが頼めばしてくれます• (フランス語) カイロの地下鉄の詳しい紹介があります.

次の

世界遺産 エジプト アブシンベル神殿

アブシンベル神殿 破壊

アスワンではロバも立派な交通機関 アスワンハイダム完成記念塔 20世紀初頭のイギリス統治下に、ナイルの氾濫の防止と灌漑の目的で、 アスワンダムが造られましたが、目的を達することはできませんでした。 1972年にそのすぐ上流に アスワンハイダムが建設され、水力発電によりエジプトのエネルギー事情はよくなったものの、背後に奥行きが500km以上に及ぶナセル湖が出現したことは気候の変化をもたらし、遺跡の保存には悪影響を及ぼしているとのことです。 私が訪れた当時は湾岸戦争の直後で、クエート側にたったエジプトに対して、イラクからアスワンハイダムを破壊するとの脅しがあり、警戒のためダム周辺は撮影禁止の措置がとられていました。 アスワンは花崗岩の産地です。 市街地からほど近い古代の石切場には、途中でクラックが入ったため放置された、 切りかけのオベリスクが残されています。 アブ・シンベル神殿 アスワンからナセル湖畔を南西へ300kmのところに アブ・シンベル神殿があります。 ラムセス2世により紀元前1250年に建造されたもので、ヌビア人に対する権威と畏怖の念を抱かせるために建造されたといわれています。 砂岩の岩山をくりぬいて造った 岩窟神殿で、1831年にスイス人によって発見され、砂に埋もれた神殿の発掘には1909年までかかったそうです。 アスワンハイダムの建設によりこの神殿が水没する危機にみわれたとき、 ユネスコによる遺跡の救済キャンペーンが行われました。 世界から集まった資金をもとに、小さなブロックに切り分けられて、62m高い位置への移設工事が行われました。 アブシンベル大神殿の内部の壁画に見る古代の神々 王女ネフェルタリの小神殿 いずれの神殿も、中央の入口から中にはいると、王家の谷の王墓と同様にいくつもの部屋に分かれ、鮮やかな壁画が当時の繁栄を現代に伝えています。 アブ・シンベル大神殿は、カイロから南へ1200km以上、数十km行くと、そこはもう隣国スーダンとの国境です。 旅のヒント 私がエジプトに行ったのはもう10年以上も前のことです。 でも、最初にも書きましたがエジプト5000年の歴史から見ればわずか0. エジプトは、日本人が観光で入国する場合でもビザが必要です。 でも、高い手数料を払って旅行会社にビザ取得の代行を申し込んだり、時間をさいて日本にあるエジプトアラブ共和国大使館に行かなくても、入国審査の場で切手を買うような調子でその場でビザの発行が受けられます。 博物館や遺跡によって、カメラやビデオカメラの持ち込みに制限があります。 私が行った当時は、カイロのエジプト考古学博物館は、当時のレートでカメラの持ち込み料が400円、ビデオカメラはその10倍でした。 ピラミッドはカメラのみ可。 王家の谷の王墓内は、当時は全て撮影不可でしたが、今ではカメラ持ち込み料を払えば可能なようです。 アブシンベル神殿はいずれも可、とそれぞれの場所で対応はバラバラです。 また、いずれの場合もフラッシュは不可、ひどく怒られますから高感度フィルムを用意しましょう。 屋外の遺跡の撮影は自由ですが、軍事施設の関係でしょうか空港などは撮影禁止でした。 エジプトを旅行するときは、乾燥と暑さ対策には十分に気を付けましょう。 ベストシーズンは冬ですが、カイロは寒いこともあるそうです。 また、アブ・シンベル大神殿はライトアップした写真を掲載していますが、予定では昼間に見学することになっていました。 飛行機の時間が遅れたため、当日の夕食は11時近くになってしまいました。 カイロには日本料理屋中華料理もありますが、エジプト料理は日本人にの口には合わないものが多いように感じました。 エジプトでは予定通りには動けないことが多く、身体のリズムを保つのが大変です。 でも、ピラミッドや王家の谷など、エジプトの遺跡はすばらしく、また、カイロの夜のナイル川ディナークルーズ船の上で行われる妖艶なベリーダンスなど、魅力がいっぱいです。 ぜひ若くて体力のあるうちに訪問されることをお勧めします。 次回のエジプト訪問時には、地中海の海中からクレオパトラの神殿跡が発見されたアレキサンドリアへ、カイロから列車の旅に出かけたいと思っています。 当時と違って今では、どこにいてもインターネットで最新の情報が入手でき、またネット経由で予約までもできる時代です。 下記のお役に立つリンク集でそれぞれ詳細をご覧下さい。 お役に立つリンク集 これからお出かけになる方や鉄道ファンの方に役立ちそうなリンクをそろえました• (日本語) 観光情報が充実しています。 エジプトに行くときはまずここを見ましょう• (英語) エジプト政府観光局オフィシャルサイト 情報が充実しています• (英語) 成田と間腔からカイロへ直行便• (日本語) ルクソールの情報が詳しい• (日本語) ご存じ 吉村作治教授の研究室のホームページです• (英語) ロンドンの大英博物館エジプトコレクション• (英語) カイロからエジプト各地への列車時刻があります• (英語) エジプト各地へ列車の旅のガイド 列車や車内の写真も• (日本語) エジプト専門の日本の旅行会社 情報が充実 の手配もお勧めはしませんが頼めばしてくれます• (フランス語) カイロの地下鉄の詳しい紹介があります.

次の

アブシンベル旅行・ツアー|エジプト|海外旅行のSTW

アブシンベル神殿 破壊

アブシンベル神殿を正面から捉える(Photo by 朝比奈) ~目標は世界遺産・厳選52か所の制覇~ Day6 アスワン アスワンハイダムを見学してからイシス神殿へと移動しました。 船から見えたイシス神殿の「トラヤヌス帝のキヨスク」が素敵です。 この神殿はカルトゥーシュで知られる聖刻文字「ヒエログリフ」の美しさ、鮮明さで有名です。 船を漕ぐだけでは大したお金にはならない、大事な収入源なのでしょう。 結構気に入ったので、2本買ってみました。 私はあるスパイス店で、エジプトの人々が初期の風邪や頭痛に用いるというハーブを煎じて粉末にした面白いお茶を買いました。 薬草の香りをうまくミントでまとめてあり、家族にも評判で、本当に頭や気分がスッキリとします。 誰もが「もう1度ほしい」と言うのですが、いまだ名前も何もわからないままです。 DAY7 ナイル川クルーズ下船、アブシンベルへ ナイル川クルーズ船からの撮影(Photo by 朝比奈) ナイル川クルーズで4泊、それはラクな旅が続いたのですが、いよいよ下船する朝を迎えました。 キャプテン、料理長ほかクルーザーでお世話になったスタッフの皆さんに別れを告げて、船を後にし、車で約3時間半、一路アブシンベル神殿を目指しました。 到着は夕方となり、まずは「ネフェルタリ・ホテル・アブシンベル」にチェックインしました。 ネフェルタリ・ホテル・アブシンベルは神殿に徒歩で行ける(Photo by 朝比奈) このホテルはアブシンベル神殿に徒歩8分で出かけられます。 客室はシンプルながら広く、温かみがありました。 アブシンベル神殿の「音と光のショー」は一見の価値あり(Photo by 朝比奈) 観客席も立派でエキサイティング。 これは1泊する者のみの楽しみとなります。 Day8~ アブシンベルからカイロに戻り、イスタンブールへ 早朝に徒歩でアブシンベル神殿へ。 ご来光は大きなナセル湖からです。 ご来光を見に早朝アブシンベル神殿へ(Photo by 朝比奈) アブシンベル神殿の門番(Photo by 朝比奈) ラムセス二世像の足元にあるのは…(Photo by 朝比奈) ラメセス2世像は高さが20mもあります。 その足元をよく見ると王妃ネフェルタリと子供達の像が。 そして紀元前1000年ごろ、つまり今から3千年も昔であっても「美しく華やか」であることは、女王としての名声を得るための絶対的な条件だったのかもしれません。 特に有名なのはネフェルタリ、ネフェルティティ、クレオパトラ、ハトシェプストの4名。 彼女たちは大変な美女揃いで、2名に用いられた「ネフェル」とはズバリ美しいという意味だそうです。 つまり彼の父アクエンアテン王の妻。 アブシンベル小神殿にも注目(Photo by 朝比奈) こちらはアブシンベル小神殿。 左からラムセス2世、王妃ネフェルタリ、ラムセス2世、ラムセス2世、王妃ネフェルタリ、ラムセス2世の像です。 夫人は30人、側室も大勢で200人弱の子をなしたといわれるラムセス2世ですが、ネフェルタリの若すぎる死に「彼女より愛せる、彼女より美しい女性などこの世に一人もいない」などと深く嘆き悲しんだそうです。 建築王でもあったラムセス二世は亡き愛妻のため神殿や寺院を建てました。 彫像のサイズが自分と同じであることも多く、ほかの妻や側室が入る隙もないほど彼はネフェルタリに夢中であったことがわかります。 額に入れればそれなりです。 本物のパピルス画を扱うショップにも連れていってくれましたが、バカ高くて手が出ません。 この絵は「ラムセス2世とネフェルタリ王妃」だと思って買ったのですが、大間違いでした。 左は「妻が安産でありますように」とタウレト女神(妊娠と出産を守る神)にパピルスとハスの花束を捧げるラムセス2世だそうで、原画では彼の後ろにネフェルタリ王妃が立っているのだそうです。 ちなみにラムセス2世は身長が183㎝もあり、24歳で即位し、当時のエジプト人の平均寿命が35~40歳だったなか、90歳まで生きた大変な長寿であったといわれています。 言わずと知れた絶世の美女…といいたいところですが、近年この説はかなり覆され、正確には「処世術にたけた頭の良い女性」ということになるそうです。 クレオパトラが18歳であった紀元前51年に国王であった父が死亡。 なんと彼女は弟のプトレマイオス13世と近親婚を遂げました。 古代エジプトではファラオが死亡すると、第一子が娘であった場合の王位継承権はまずはその長女の夫であったとのこと。 そのため長女が弟である長男と結婚してくれれば万々歳。 「血族のみで固めれば国はますます安泰」というわけです。 その影響か、今でもエジプトの男性は妻や恋人より姉との関係を大事にしがちだとガイドさんが言っていました。 しかしクレオパトラと弟は夫婦仲が悪く、国が弱体化してしまい、当時ものすごい勢いで台頭していたローマと同盟を組むことを考えたクレオパトラに対し、弟のプトレマイオス13世はクーデターを起こして姉を追放。 それでもずる賢いクレオパトラはもう一人の弟プトレマイオス14世と結婚。 さらにカエサルとの不倫をも続行。 彼との間にカエサリオンという男児を出産してローマへ移ったそうです。 ところが紀元前44年にカエサル暗殺事件が起き、クレオパトラは息子とエジプトに帰国することにしました。 そんな中で弟で夫のプトレマイオス14世が毒殺され、クレオパトラは徐々に勢力を増してきたアントニウスに媚びることを考えました。 美しく着飾りお香を焚いた魅力的な宴に彼を招き、やがてアントニウスの愛人となって彼の子を3人産みました。 ところがこの二人に反感を抱いていたのが当時ローマで政権奪還を狙っていたオクタヴィアヌス。 アクティウムの海戦で彼はこの2人を追放しました。 エジプトに向かって逃げる途中、アントニウスは愛するクレオパトラが死んだとの誤報を受け取り、ショックで自殺。 彼の死の10日後にはクレオパトラも自殺しました。 まだ39歳。 毒蛇にわが身を噛ませるという壮絶な方法であったそうです。 22年間にわたりファラオとしてエジプトを平和なまま統治しました。 彼女のレリーフや像が次々と破壊されたのは、息子が母親を嫌っていたという説もあれば、男たちが女のくせに、とその強い権力をやっかんだからともいわれています。 なんとも奇妙な、しかし実に真剣な儀式であったそうです。 「神もそうして子を作ってきた。 ファラオの神聖なる種(精子)をナイルの水に撒こう。 五穀豊穣が叶う」と考えられていたそうです。 あ、ピラミッドだ!(Photo by 朝比奈) ふと下を見たらなんと三大ピラミッドが! これは大きな感動でした。 カイロ到着後、イスタンブール行きのフライトまで時間がたっぷりとあるため、600以上のショップが入っているエジプトの最高級ショッピングモール「スターズ・センター」へ。 空港にも近いヘリオポリスという町にあります。 超近代的で驚きました! カイロの「スターズ・センター」(Photo by 朝比奈) そして日本に戻る前にちょっと寄り道。 実はこの旅行、イスタンブールにも寄りたくて、エジプト航空の直行便ではなくイスタンブールでのストップオーバーが可能というトルコ航空の航空券を購入しました。 トルコ航空はお食事が美味しくてアメニティが良いのです。 アタテュルク国際空港で起きた自爆テロの影響か、例えば日本への帰国便は後方の座席がガラガラで、足は折り曲げますが3列席で横になって寝ることができました。 運賃も安く、申し訳ないくらいでした。 次回はイスタンブール紀行となります。 画像を使用されたい場合はください。

次の